投稿

最新の投稿

Kz One Semi-Hollow

イメージ
時事ネタですが、本日よりボヘミアンラプソディ(映画です)が公開との事です。 そのスジの関係者各位が「期待できる」とおっしゃっておりました。きっと素晴らしい映画でしょう(もちろん、まだ観ていません)
という訳で、QUEENといえば当店的にはKz Guitar Worksのギターをご紹介しないわけにはいかないでしょう。



Kz Guitar Works代表である伊集院さんが楽器製作における当初の目標として掲げていたのが、ブライアンメイのRED SPECIAL(ギター)を完璧にレプリカすること、だと聞きました。その道を突き進み、最終的にはブライアンメイ本人が認めるほどの完璧なレプリカを製作した伊集院氏が次に考えたのは「こんなに素晴らしいギター=レッドスペシャル=はクィーンファン/ブライアンメイ・ファン以外のギタリストにも弾いてほしい、という想いでブライアンメイ・レッドスペシャルの音色を現代的な弾き心地、操作性で再現しよう」という事で、Kz Oneの製作はスタートしたそうです。そのあたりの詳しいお話はこちらのサイトでご確認ください http://ascii.jp/elem/000/001/250/1250588/
こういった経緯もあり「Red Specialを連想させる」ギターとして認知されつつあるKz Guitar Worksのギターですが、最近はさらに進化を続けており、ソリッドボディー・モデル、アーティストモデル、そしてベースなども登場しています。

今回ご紹介するモデルは新入荷はKz Oneのカスタムモデル(と言ってもほぼ全てのモデルが「カスタム」ギターです)のTOB仕様、そしてピックガードを搭載したこちらのギターです。
ケーラーブリッジ搭載のモデルに比べるとテンション感も狙っている音も別物に感じますね。個人的には半音下げの方がこの楽器の面白さが出るかも?という事でブライアンメイのイメージではない方向で、サウンドチェックをしてみました。


いかがでしょうか。根底にあるのはブライアンメイ・Red Specialの「あのサウンド」なのですが、この楽器の「振り幅」は皆さんの想像以上だと思います。こういったヘヴィーなリフもの/ストーナーロックと言われる様なサウンドに、あえてシングルコイルピックアップで挑むと意外と良い結果が得られます。ハウりませんか?とよく聞かれますが、コツがあり…

Reunion "DARK-CHERRY" が最高です

イメージ
クルーズヴィンテージラインのセミアコ、Reunionのご紹介です。
今日は店頭のReunionのサウンドチェック動画を久しぶりにAC30にOXを繋いでを撮りました。クルーズのAddict OD、GOD、QUADRIVEなどの歪みエフェクタに加えてダブリングエコーはBOONARを使いました。



そんなリユニオン、今回の入荷分からなんとボディーシェイプがマイナーチェンジ。ヴィンテージシェイプに変更となっています。


REUNIONをチェックしていると、いつだってセミアコが欲しくなります。そう、多くのギタリストがセミアコのサウンドを欲しいと願っているはずです。ソリッドギターのサウンドにミドルレンジ+エアー感を程よく加味したサウンドは、ジャンルを問わずに幅広いミュージシャンに愛用されてきたからです。

ただ、以下の動画の様に、マーシャルやORANGE、VOXが歪みきった所にセミアコをプラグインしたことがありますか?普通のセミアコだと、こんな音はしないんですよ...









セミアコとソリッドギター、構造の違いがサウンドに変化をもたらすのは当たり前ですが、ジャズギターやフラットトップのようなアコーステイック楽器ではありません。エアリーで豊かなミッドレンジをソリッドギターの弾き心地で演奏したい、と考えている皆さんも多いことでしょう。しかしながら、多くの「セミアコ」は弾きづらい、と言われています。何故なのか?その答えの一つが、このReunionを弾いてみていただければ理解できます。

新入荷のCrews Reunion Vintage Cherry(すごくいい色なんです)をサイトでチェックしてください。http://hoochies.info/item/guitar/crews/reunion_darkcherry/

http://hoochies.info/item/guitar/crews/reunion_darkcherry/
MWrata

これぞリミテッドの貫禄です。限定モデル入荷!

イメージ
みなさんこんばんは、西村です。
今日は雨もパラつき、寒い1日ですね。
寒い日には暖かい部屋でゆっくりガットギターでも爪弾いて、優しい音色に癒されたくありませんか?

本日は、クルーズの人気エレガットEG-1500Cから少数生産のリミテッドモデルが再入荷しましたのでご紹介させていただきます。
今回入荷分がラストストックとなります。


どの角度から見ても美しい杢目。
ボディにはハードメイプル(プライ)材をトップ&バックに使用。


ボディサイドはこちらも杢目が綺麗なフレイム・コア(プライ)材を採用。

リミテッドの名に相応しい圧巻の杢目です。
ナチュラルカラーで仕上げられており、飽きのこない上品なルックスをしています。

みなさんご存知の方も多いとは思いますが、クルーズのEG、ESシリーズ最大の特徴は、ボディトップ&バックに1000Rのアーチがかけられている点にあります。


ボディー形状をアーチ状にする事で、身体にフィットし抜群の弾き心地を生みます。
さらにボディーセンター部分に対しボディーサイドが薄いので、ハウリングにも強いという利点があります。

また、1000Rのアーチをかけることでハウリングを抑えながらも生鳴り感を損なわないよう設計されています。 実際に弾いてみていただければ分かるのですが、薄いボディからは想像もできないほどに豊かな生鳴りを体感することができます。

ボディトップ&バックに使用しているハードメイプルは、タイトで艶のあるサウンドが特徴。
アンサンブルでの存在感があり、エレクトリックバンドでの演奏にも最適です。
サイドのコア材と組み合わせることにより、よりレスポンスがよくハリのあるサウンドに仕上がっています。
エレクトリックにはクルーズオリジナルの最新プリアンプ”RA-02”を搭載。


オリジナルデザインのプリアンプRA-01をベースに、コンデンサーマイクが自由な位置に配置できる様になり、サウンド面でもよりクリアーでナチュラルなサウンドにブラッシュアップされています。
上質な木材の特徴をしっかりと出力してくれます。


コントロールはボリューム、3バンドEQ、コンデンサーマイクのミックスボリュームであるAIRコントロール。
コンパクトでありながら非常にサウンドメイキングの幅が広い優れたプリアンプです。

勿論サウンド面だけなく、演奏面でも非常に優れています。
一般的なガッ…

女性ベーシストにも人気のクルーズJBはやっぱり弾きやすい

イメージ
みなさんこんばんは、西村です。

クルーズの人気ロングセラージャズべース、JB-Modernのサウンドサンプルを撮影していて、改めて弾きやすいJBだと再認識したところで、再度JB-Modernの主な特徴をご紹介させていただこうと思います。


ジャズベースをお探しの方、クルーズ製のベースが気になっている方、既にJB-Modernをご愛用いただいている方もチェックしていっていください。

Crews Maniac Sound JB-Modernシリーズにはパッシブ仕様のJB-Modern Limited、アクティブ仕様のJB-Modern Activeの2モデルがございます。

JB-Modernは、60年代のJBを意識しつつも現代的なアレンジが加えられ製作されています。

基本スペックは同じで、ボディー材にはアルダー、ネック材はメイプルにローズウッド指板、(指板のローズウッドはスラブボードと言われる肉厚の仕様になっています。
これにより野太いサスティーンが得られるのです。


指板ラディアスも280Rと緩やかでローアクションでセットアップできます。
ネックはサラサラのサテン仕上げでスムーズなフィンガリングが出来、ネックシェイプも細みで実に握り心地が良く、弾き易い仕様になっています。 JB-Modernを選ばれる方の多くがこの自然に馴染むネックシェイプが決め手の一つになっているみたいです。

クルーズの楽器といえば、現場での使用を考えて楽器の製作を行なっています。 JB-Modernも、ツアー先や家での練習、スタジオでのリハなどで、ネックが反ってしまった場合にも、ネックを外さず瞬時に簡単に調整を行えるよう、ボディー側に六角レンチが入るように加工が施されております。 この加工があるかないか、細かい箇所ですが、非常に大きく重要な役割を果たしてくれます。

ボディバックのボディーが当たる部分に通常よりやや深めのコンター加工が施されており抱え易い仕様になっています。


ネックヒール部も若干スラントになっておりハイポジションでのプレイもストレスのない仕様になっています。

楽器自体の平均的な重量も4kgあるかないかの軽量でバランスも良く扱い易い重さになっています。
ピックアップはクルーズオリジナルの「Type-J」を搭載、スタックポット期のピックアップを意識したパワフルで心地の良い音のレンジ感が印…

見た目もエレガントなD'Angelicoのソリッドギター

イメージ
皆さまこんばんわ、西村です。

夜はすっかり寒くなりましたね、朝は太陽が出ると暑かったり、着る服に困る季節です。 自分は寒いのが非常に苦手なので、すでにコートを引っ張り出しております。
しかし、肌寒くなってきた今の季節は間接照明の下でゆっくりジャズを楽しむのもいいですね。ジャズ喫茶、ジャズBAR、みなさんはおすすめのお店ありますか?

そんな本日のおすすめは当店一押しの国産D'Angelicoから、ソリッドボディモデルをご紹介させていただきます。
D'Angelico GuitarといえばNYL-2等のフルアコースティックギターが代表モデルですが、ソリッドモデルもあるんです。 モデル名は”NYSD-9”くり抜きなしの完全ソリッドモデルです。

ボディトップは2Pフレイムメイプル、バックはマホガニーを採用。
ネックはメイプルにエボニー指板を組み合わせています。

ピックアップはクリーンでワイドレンジのオリジナル・ハムバッキングピックアップを搭載。


ヘッドはD'Angelicoの特徴的なデザインを受け継いでいます。

非常にスリムなボディ厚ですが、重量は3.80kgとずっしりと重さがあります。 しかし、この重量があるからこそ安定した芯のある低音を出力してくれます。

こちらのモデル、ギタリスト・シンガーのスーザン・テデスキーの愛用ギターとしてライブ映像等でご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

彼女の非常にパワフルでハスキーなボーカル、歌った瞬間に一変するスーザンの声、素敵です。




スーザン・テデスキーも愛用するD'AngelicoのソリッドモデルであるNYSD-9は、ジャズの枠にとらわれず、ドライブペダルと組み合わせてロックにも、ファンキーなカッティングプレイにも完璧に対応します。
弾き手の表現力次第で、幅広く使えるソリッドギターモデルとなっています。


こちらのソリッドモデルNYSD-9は最近さらに注目度が上昇しており、希少在庫となっております。 みなさんはどんなアプローチでNYSD-9を弾きますか? クリーン、クランチ、ハイゲイン、ジャズ、ブルース、ロック、ポップス。
気になっている方は是非店頭にて実際にお試しください。
フーチーズ渋谷店ではNYSD-9の他に、代表モデルである17インチ・フルアコースティックモデルNYL-2、18インチ・…

20年以上多くのベーシストに愛され続けるロングセラーフレットレスベース入荷

イメージ
みなさまこんにちは、西村です。

渋谷はハロウィン一色に染まっており、夜は仮装した人々でごった返しております。
ニュースでは軽トラックが横倒しにされたとか、、ハロウィンとはいったいなんなのか疑問でございます。
そんな最中に久々のフレットレスベースが入荷いたしましたのでご案内させていただきます。

今回入荷のクルーズ・ジャクソンシリーズは登場から20年以上多くのベーシストに愛され続けるロングセラーフレットレスベースです。

Crews Maniac Sound Jackson4 JH NATURAL
Crews Maniac Sound Jackson4 PURPLE
Crews Maniac Sound Jackson4 MP JH PURPLE
ジャクソンシリーズは、絶妙なボディバランス&演奏感、フレッテッドを弾く感覚で楽に弾けるフレットレスベースとして人気です。
フレットレス加工したベースやフレットレス・ネックに交換したベースを弾いたことのある方ならお分かりかと思いますが、フレッテッドのベースと比べてフレットレスベースはテンションが弱くなって、元のベースの時とはほど遠いサウンドになってしまった、という経験をされた方は少なくないのではないでしょうか?
ジャクソンの指板面はコーティングを施した分厚いエボニー指板により、フレッテッドベースのフレットの高さになっていますので、ローアクションにセッティングすることもでき、フレッテッドと同じ感覚でプレイすることができます。

さらに、ナットのアクションとブリッジの高さは通常のままなので、テンションが弱まらずしっかりとしたサウンドが生まれます。
アコースティックな暖かいトーンから、明瞭で輪郭のはっきりしたトーンまで、奏法の変化によって多彩な表情を導き出せるのも、ジャクソンが選ばれる理由の一つです。
フレットレスベースに挑戦してみたいという方にも、フレッテッドのような感覚で気軽に弾けるジャクソンは非常におすすめです。
モデルは、1H仕様とJHの2タイプがございます。 店頭にて弾き比べもできますので、お好みのモデルをセレクトしていただければと思います。
新入荷の商品ページは下記モデル名をクリックしていただき、チェックしてみてください。
Crews Maniac Sound Jackson4 JH NATURAL
Crews Maniac So…

Experience PRS 2018 終了しました

イメージ
10月20日・21日に開催されたEXPEROENCE PRS2018(以下EXP)にたくさんの皆様のご来場をいただき、ありがとうございました。
今回も日本国内のディーラーがたくさんの素晴らしいPRSギターを出展。このEXPに向けたショウモデルをはじめ、各店の個性を感じるオーダー品やラインナップはまさに圧巻でした。ハイエンドギターの代名詞とも呼べるPRSギターですが、その中でも最高峰のモデルが一同に関するイベント、凄まじいとしか言いようがありません。
当店でもこのEXPに向けて新入荷がありました。開催までのブログでご紹介したギターには、やはり注目が集まりました。販売済み商品もございますが、引き続き店頭でもお試しいただけます。何を隠そう、出展ディーラーは「一年中EXP」状態のお店ばかりなので、気になった皆さんは是非各店を回って、お気に入りの1本を探し出してください。専任スタッフの皆さんは生粋のPRSマニアです。たくさんの経験と知識を持っていらっしゃいます。話を聞くだけでも楽しいと思いますよ。

PRS代表のポールリードスミス氏(以下ポール氏)も来日し、常にEXP会場に滞在。たくさんのギターファン(そしてポール氏本人のファン)の皆さんと交流を楽しんでおられました。氏曰く「こういった店舗…ある意味「競合店舗」同士が一同に集まって同じブランドのギターを売るなんて、アメリカでは考えられない。これは日本ならではの企画だし、いつも非常に興味深く楽しい」とおっしゃっていました。
アメリカ本国のEXPはもっと大規模なイベントで、主催者であるポール氏も大忙しですが、日本でのイベントとなるとずいぶんリラックスして多くの皆さんと気さくに触れ合えるのが嬉しいといっていました。

出展した各店さんのギターもすごかった。 どんなギターだったのか気になる皆さんはインスタ&twitterなどで#ExperiencePRS をチェックしてみてください。
他にもポールマイルス氏(以下マイルス氏)のプライヴェートストックギターへの着色実演(もう何回も見ているという人も思わず立ち止まってしまうのは何故なのか?。実は毎回、内容もアップデートしているんです)も連日好評で、今回もドラゴンズブレス・フィニッシュの実演や、これまでなかった水泳塗料以外のカラーリング(BONNIE PINKなど)の実演も見ることができました。