EFFECT BOARD #1


本日ご紹介するのは、これから組み込むペダルボードです。



ギタリストさんのオーダーで、今回は使い勝手と音を考えてMusiconLabEFX MK-Vをメインにシステムを組んでいきます。MusicomLab EFXシリーズはかなり柔軟にシステムの一括コントロールを可能にしています。このMK-Vは以下の様な特徴を持っています
  • 9 x オーディオ・ループ(7 モノループ、2 ステレオループ&1 ボリュームループ)を装備。ボリュームループはIAスイッチとプリセットでスイッチングが可能です。
  • プリセット毎にループ(接続したエフェクト)の接続順序が設定できます。
  • 入力バッファー、出力バッファーに加え、移動可能なモバイルバッファーの3 つを備えています。各バッファーのオン/オフは、IAスイッチ又はプリセットの設定で可能です。
  • 3 x 入力(2 EffectsDry信号)を備えた2つのミキサー(機能)を内蔵しています。ミキサーはプリセット切り替え時のスピルオーバーの設置も可能です。
  • 2 x TRSジャック仕様(つまり4ケの)スイッチング機能を備えています。 アンプチャンネル/リヴァーブON/OFF等の外部機器へのスイッチングを操作可能です。
  • 360プリセット(60バンク x 6プリセット)&1グローバル・プリセット
  • 切り替え時のポップノイズを低下するクリック-レス(ミュート)機能を備えています。
  • ハムノイズや位相の問題を回避するISOイン&ISOアウトを装備しています。(オーディオ・トランスによるアイソレーション機能)
  • プリセット毎に8 x MIDIプログラム・チェンジと8 x MIDIコントロールチェンジの送信が設定できます。
  • IAスイッチ毎に25 x MIDIコントロール・チェンジの送信が可能です。
  • MIDIタイムクロックが送信でき、機能スイッチ3と同期できます。 MIDI機能を備えたエフェクターと同じように、外部TAPジャックを備えたエフェクターのタイム同期が可能です。BPMはバンク・プリセットとソング・プリセットに保存できます。
  • プリセット、バンク、ソング、セットのコピーが簡単にできます。



ずらーっと書くと難しそうに見えますが、実際は簡単です。

9個のエフェクターをルーティング可能で、そのうち2つはステレオループです。エフェクトはプリセットごとに順番も入れ替えられるので1-2-3-…という接続順を、特定のプリセットでは3-1-2-…という接続順に変更できます。さらにシリーズ(直列)接続だけでなく、パラレル(並列)接続も指定可能です。
また、MIDI機能も充実しているので、ストライモン製品やEventide製品の様にMIDIを活用できるエフェクトを一括してコントロールできます。また、ラックシステムやKEMPER、フラクタルオーディーなどのデジタルアンプのコントローラーにもなります。この機能はかなり便利です。

ラックシステムを経験した(変な言い方ですが)皆様であればプログラムチェンジ(以下#PC)以外にコントロールチェンジ(以下#CC)ができることの有効性をご存知でしょう。#CCはプログラムの切り替えでなく、ダイレクトにMIDIコマンドを送信できます。これを使うことで、例えばKEMPERの中のエフェクトをリアルタイムでON/OFFしたり、タップスイッチの代わりに使う事ができます。つまりEFX内部の9つのルーティングを操作するだけでなく、KEMPER内のディレイをコンパクトエフェクト感覚でON/OFFしたり、リアルタイムでTAPテンポを決めたりする事ができます。

さらに今回は接続先のアンプがMIDI対応のため、EFXのプリセットチェンジの際、同時にアンプのチャンネル切り替えも可能になります。

当店デジマートでも販売中です。




さて、これから組み込んでいきます。どう言ったシステムになるのか。その経過をこのブログでも追ってご紹介していきます。お楽しみに。

MWrata


spacer

ORANGE DUAL DARK 50

すっごく久しぶりにアンプが入荷しました。
ORANGEアンプのDUAL DALRKというなんだか中2病っぽい名前のアンプです。これがすごく良いアンプなんです。ブラックレザーもMATAMPやカスタムモデルっぽくて良いと思いませんか?

ORANGEといえばVOXやMarshall、そしてHIWATTと並んでイギリスを代表するアンプブランドです。60年代中期から始まった目覚ましいギターアンプの進化は有名なプレキシマーシャルサウンドに注目が集まりがちですが、ORANGEやHIWATTのサウンドこそがブリティッシュサウンドだ、というアンプマニアは少なくありません。

特にJIMMY PAGEは長年ORANGEアンプを愛用していますが、その理由はササくれたクランチサウンドとグラッシーなミッドレンジにあるといえます。プレキシはかなり個体差があり、同じ年代の同じモデルのアンプを買っても、なかなか似たような個体を探すのが難しいのですが、ORANGEやHIWATTは年代で追えばそれなりに整合性のある音色を持ったアンプが手に入ります。これはORANGEやHIWATTが当時こだわってアンプを制作しており、そのメーカーの技術力の高さがある事を物語っていると言えるでしょう。もっともMARSHALLは愛用者が多すぎ&現在までに修理や改造が施されたものが多く、オリジナルコンディションを保っている個体が少ないという話もありますが...

ともあれ、ブリティッシュ・ヴィンテージアンプとラウドロック創世記、その音を追いかけていくと必ずORANGEアンプのサウンドに突き当たります。


90年代のOASIS。今聞くとすっごい歪みまくってますね。
セミアコと深いドライブサウンドはこれぞブリティッシュマナーという感じのサウンドメイク。やっぱり良いですね。
加えてディレイを薄くアンプ手前で使う感じ。サイケ感もあります。



この時はノエルがマーシャルでジャリジャリの質感を出し、
ボーンヘッドがオレンジでミッドレンジをフォローするという感じ?
この「ちょいダサ」な頃のオアシスが個人的には大好きです

   

そしてペイジ御大(昔の動画忘れました)
HIWATT + ORANGEに加えて、コーニッシュのペダルボードが見えます。
ORANGEのドライブサウンドとHIWATTのクランチをミックスすると
この雰囲気になりますね。

70年代のロックサウンド...特にLOUDなバンドサウンドを追いかけると、必ずORANGEの「あのルックス」が目につく事でしょう。最近ではちょっとメタルな雰囲気のアンプが多いように感じますが、それでもORANGEのサウンドはブレていません。

このDUAL DARKヘッドは「激歪みアンプ」なのですが、それだけに留まりません。絶妙なGAINコントロールでAチャンネルは往年のORANGEサウンドをカバーしながら、Bチャンネルは超SLEDGEなサウンドを生み出します。


この音はヨーロッパ系ハイゲインやアメリカンハイゲインの腰高な歪みでは満足できない極悪なサウンドを生み出します。ブリティッシュハイゲインサウンドはメタルやスラッシュ系以外にも実はかなりハマると思います(ゲイリームーア的サウンドとか)しかもキャビネットとのコンビが最高なのです。見た目も音も。


他にもORANGEのオススメアンプはあるのですが、まずはこのDUAL DARKをチェックしてみてください。店頭でお試しいただけます。


MWrata


spacer

KEMPER 入荷しました

KEMPERのパワードヘッドとラックが入荷しました。合わせて、商品ページを更新しましたのでこちらからご確認ください



 フーチーズでは日本入荷当初からKEMPER(以下KPA)を取り扱っております。また、使い方などのノウハウも持っています。 最近ではKEMPERのユーザーも増えているとの事ですが、同時に使わなくなったという皆様も多くいらっしゃる様です。

皆さんにお話を聞くと「あーなるほど」と思う反面、意外とセットアップで解決できる問題だったのになー、という事も少なくありません。

デ ジ タ ル 製 品
ど こ で 買 っ て も
同 じ 音


まぁ確かにそうなんですが…デジタル製品ほどセットアップ次第で音が台無しになる機材も少なくないでしょう。裏メニューなど「そんな機能あったの?」という様な事柄も少なくないと思います。これからKPAを購入ご予定の皆さん(または知人の方など)がいらっしゃいましたら是非ご紹介ください。値引きの代わりに、HOW TOネタなどはご紹介できると思います。アフターフォローもお任せください。ご希望の皆さんにはそれほど多くはありませんが、当店オリジナルのプロファイルデータもプレゼントしちゃいます。

ワタクシ(村田)自身もKPAユーザーでもありますが、この機材はアナログ機材と同じ様に、使い方次第で色々なアプローチができる機材だと思います。また、プロファイリングは面倒ではあるのですが…KPAユーザーなら絶対に一度は試してほしい機能です。特に気に入ったアンプを持っている皆さんはその音をいつでも気軽に取り出せるプロファイラーの本領をお楽しみください。

そういえば、youtubeにはKPAのチュートリアルが結構上がっています。 デジタルアンプのデモだと、どうしてもディストーションが深めのサウンドサンプルが多いのですが(なぜでしょうね?...ディストーション深めのサウンドこそ、アンプで鳴らすべきなんですが…)こういったオッサン向け(失礼)サウンドメイクをチェックすると、なるほどと思うことが多々あります。KPAの場合、ツマミはグリグリにいじっちゃって良いんだな、とか。EQは何段も重ねちゃうとか。そういった「出音のイメージ近づける作業」は結構、必須です。 すでにオーナーの皆様もこれから購入をお考えの皆様も是非、色々をチェックしてください。

 ジョンメイヤー風のプロファイル(これは弾き方の問題じゃないか?という意見もありました笑)

   

 ギルモア風のサウンドメイク
   

 もう一丁!ギルモア風(音小さいです)
   

 ロベンフォード風(この人のHOW TO VIDEOは丁寧でわかりやすい…と思ったらKEMPERオフィシャルでした)

   

 EVH ブラウンサウンド
   

Chic! ナイルロジャースのイメージ
   

などなど。色々チェックしてみるとチュートリアルもたくさんあります。 それでも解らない事や『?』が出てきても当店でお買い上げのKEMPERに関してはバッチリバックアップしますのでご安心ください。 

当店のケンパー在庫はこちらからご確認ください。 

 MWrata
spacer

PRSイベント終了いたしました


昨日はPRSのイベントにご来場いただきありがとうございました。
今回はJohn MayerPRSのコラボレーションモデルを中心にKORG/KIDの小泉氏に登場いただきお話を伺いました。いかがでしたでしょうか?



今回お伝えしたかったのはSILVER SKYは見た目こそ「F」の「ST」ですが、単なるSTモデルではなく、あくまでJohn Mayerの求めるサウンドと弾き心地を追求したモデルであるという事です。会場にいらっしゃった皆さんには納得していただけたかともいます?が、SILVER SKYは本当にすごいギターです。極論をいえば「誰が弾いてもJohn Mayerの音が出てしまう」ギターです。世に数ある「シグネイチャーモデル」の中でも、ここまで本人のサウンドに迫ったモデルが他にあるでしょうか?見た目の問題ではなく、あくまでサウンドを追求した結果がこのギターだったのです。SILVER SKYを弾く前に、色々な意見をいうのではなく、是非一度弾いてみてください。絶対納得できるギターだと思います。

ご来場の皆様からも「PRSに対するイメージが変わった」という声をいただきました。イベントを行って良かったと思いました!ありがとうございました。沢山のご質問もいただきました。



他にもPRS x John Mayerのアンプ「J-MOD」のサウンドチェックなどを行いました。このアンプの本領も体験いただけたかと思います。

さらにKEMPERVOXの小型スピーカーにつないだもの、そしてTwo RockJohn Mayerシグネイチャーアンプにも鳴らしてサウンドチェックを行いました。どのアンプでも変わらない、SILVER SKYのトーンキャラクターに驚いていただけたかと思います。

今回のイベントはちょっと「かたい」感じでスタートしてしまいましたが、終了後のディスカッションタイムは皆さんリラックスして色々とご質問もいただきました。むしろ、イベント後の方が盛り上がったかもしれませんね笑 9時にイベントを閉じて、撤収開始は10半過ぎでした!



というわけで、次回はもっとフリーなイベントを企画してみます。パーティー的な雰囲気でワイワイ楽器の話ができるような特に今回はKEMPERに対して沢山の質問もいただいたので、次回はKEMPERをトピックにあげてみたいと思案中です。日程が決まったらまたこのブログでご紹介いたします。どうぞお楽しみに。

PRS的には10月にオフィシャルイベントも開催されます。そちらも要チェック。フーチーズも出展いたします!



MWrata

spacer

PRS マッカーティー594とケンパー


PRSのインストアイベントに向けて色々と準備しています。

本日はご来場の皆さんにシェアする予定のKEMPER RIGをプロファイルしました。アンプはダンブルのODS(ブラックレザーのEL34バージョン)です。ダンブルアンプのプロファイルは難しく、アンプ自体が割と「そっけない」音色というかレスポンスなので、ケンパーでプロファイルすると(すごく失礼な言い方なのですが)意外とつまらないサウンドになったりします。しかしながら、今回はPRSイベントに絡めたプレゼントなので、使用する楽器に完全に合わせてプロファイル。なかなか良い感じにできました。594用(ハムバッカー)とSILVER SKY用(シングル)で2パターン、スピーカー違いやオーヴァードライブチャンネルもプロファイルしてみました。




この動画ではクリーンチャンネルをアルニコスピーカーで鳴らしたサウンド。マイクはROYER 121です。途中でKEMPER内のオーヴァードライブ/TSONにしています。演奏ヘロヘロですが音はナカナカだと思います。

このプレゼント、KEMPERを持っていない皆さんには面白みのない企画かもしれませんが是非、この機会にKEMPERを入手していただければと思います(笑
当日はKORG担当もおりますので、KEMPERに関する質問等もガンガンしていただけます。もちろん、私にもガンガン質問して下さい。



PRS McCArty 594はとにかく素晴らしいギターで、まるでセミアコの様にリッチなサウンドが特徴的。http://hoochies.info/item/guitar/prs/594-honey/

でもこれは、あくまで新品の音。弾き込むとトレブルが出て来てさらに良いギターになります。メロウなネックピックアップのサウンドと、ヴィンテージレスポールの様に枯れた印象のブリッジピックアップの音色がたまりません。かといって、カリンカリン系のギブソンには無いサウンド。この音は是非、VOXやマーシャルにプラグインしたバージョンも聴いていただきたいですね。イベントの時に鳴らしてみるかもしれません。

イベントのご参加を受け付けております。
当日になってみないとわからないという皆様も是非お知らせください。この機会にPRSギターの面白さを共有できたら良いなぁと思います。

参加ご希望の方は事前にshop@hoochies.infoまで空メールをお送りください。

皆様のご参加お待ちしております

MWrata
spacer

PRSのイベント開催します

来たる8月24日の金曜日、週末の遅めの時間帯になりますが、フーチーズ渋谷店にてインストア・イベントを開催します。


今回は金曜日の遅めの時間帯(19時スタート)とし、会社帰りの皆さんや、渋谷に遊びに来た夏休みの皆さんも「ついでに」足を運んでいただければ...という「ゆる目の」イベントを目指しています(目指すのも変ですが)

PRS輸入元のKORG/KID(コルグ・インポート・ディヴィジョン)から当店の担当である小泉さん(ギター好き)をお招きし、普段あまり聞けない「PRSのお話し」をしてもらおうと思っています。ポールリードスミスさんという人がどんな人物なのか?PRSってどんな会社なのか?よく言われる「PRSのこだわり」って具体的にどういう事なのか?

私も以前、実際にPRSのファクトリーツアー(エクスペリエンスPRS)に参加し、そのこだわりを目の当たりに「感じて」きました。小泉さんからはポールが「ボソッと」呟いた発言など、普段ネットや誌面ではあまり話さない内容など、面白い話も聞けると思います。

メインコンテンツとしては、今ギター業界で最もHOT(死語)なトピックであるPRSとジョンメイヤーのコラボレーションモデルの紹介を考えています。

ジョンとポールがタッグを組んで作り上げたギター(SILVER SKY/594)そしてJ-MODアンプ。これらはかなりマニアックな視点と経験を持ってデザイン/制作されています。しかしながら、あまりにもビックなコラボレーションであるが故、これらの楽器の本質的な部分があまり語られていないと感じます。

ジョン(会った事、ないけど)もポールも尋常じゃないギターマニアです。その二人が組んだ事で、これまでのPRSになかったギターやアンプが生まれた。何に、そこまでこだわったのか?実際に音を出しながら、時に他の楽器と弾き比べをしながら解明していきたいと思います。

参加無料なので是非、金曜日の夜、マニアックなギタートークで盛り上がりましょう。ビールも冷やしておきましょうね...

詳しくはこちらのリンクをご確認ください
>>>PRS インストア イベント ページヘ

GUITAR SHOP HOOCHIE'Sさん(@guitar_shop_hoochies)がシェアした投稿 -

 ↑SILVER SKYもいいタイミングで再入荷しました(強引にゲット)今回の動画はSILVER SKYのHorizonカラーをKEMPERに直結してみました。RIGは当店オリジナルのDUMBLE ODS/EL34です。そういえば、イベントご参加のKEMPERオーナーさんには、このリグを無償にて配布いたします。他にも良いRIG揃えておきますのでお楽しみに。




MWrata
spacer