投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

20年以上多くのベーシストに愛され続けるロングセラーフレットレスベース入荷

イメージ
みなさまこんにちは、西村です。

渋谷はハロウィン一色に染まっており、夜は仮装した人々でごった返しております。
ニュースでは軽トラックが横倒しにされたとか、、ハロウィンとはいったいなんなのか疑問でございます。
そんな最中に久々のフレットレスベースが入荷いたしましたのでご案内させていただきます。

今回入荷のクルーズ・ジャクソンシリーズは登場から20年以上多くのベーシストに愛され続けるロングセラーフレットレスベースです。

Crews Maniac Sound Jackson4 JH NATURAL
Crews Maniac Sound Jackson4 PURPLE
Crews Maniac Sound Jackson4 MP JH PURPLE
ジャクソンシリーズは、絶妙なボディバランス&演奏感、フレッテッドを弾く感覚で楽に弾けるフレットレスベースとして人気です。
フレットレス加工したベースやフレットレス・ネックに交換したベースを弾いたことのある方ならお分かりかと思いますが、フレッテッドのベースと比べてフレットレスベースはテンションが弱くなって、元のベースの時とはほど遠いサウンドになってしまった、という経験をされた方は少なくないのではないでしょうか?
ジャクソンの指板面はコーティングを施した分厚いエボニー指板により、フレッテッドベースのフレットの高さになっていますので、ローアクションにセッティングすることもでき、フレッテッドと同じ感覚でプレイすることができます。

さらに、ナットのアクションとブリッジの高さは通常のままなので、テンションが弱まらずしっかりとしたサウンドが生まれます。
アコースティックな暖かいトーンから、明瞭で輪郭のはっきりしたトーンまで、奏法の変化によって多彩な表情を導き出せるのも、ジャクソンが選ばれる理由の一つです。
フレットレスベースに挑戦してみたいという方にも、フレッテッドのような感覚で気軽に弾けるジャクソンは非常におすすめです。
モデルは、1H仕様とJHの2タイプがございます。 店頭にて弾き比べもできますので、お好みのモデルをセレクトしていただければと思います。
新入荷の商品ページは下記モデル名をクリックしていただき、チェックしてみてください。
Crews Maniac Sound Jackson4 JH NATURAL
Crews Maniac So…

Experience PRS 2018 終了しました

イメージ
10月20日・21日に開催されたEXPEROENCE PRS2018(以下EXP)にたくさんの皆様のご来場をいただき、ありがとうございました。
今回も日本国内のディーラーがたくさんの素晴らしいPRSギターを出展。このEXPに向けたショウモデルをはじめ、各店の個性を感じるオーダー品やラインナップはまさに圧巻でした。ハイエンドギターの代名詞とも呼べるPRSギターですが、その中でも最高峰のモデルが一同に関するイベント、凄まじいとしか言いようがありません。
当店でもこのEXPに向けて新入荷がありました。開催までのブログでご紹介したギターには、やはり注目が集まりました。販売済み商品もございますが、引き続き店頭でもお試しいただけます。何を隠そう、出展ディーラーは「一年中EXP」状態のお店ばかりなので、気になった皆さんは是非各店を回って、お気に入りの1本を探し出してください。専任スタッフの皆さんは生粋のPRSマニアです。たくさんの経験と知識を持っていらっしゃいます。話を聞くだけでも楽しいと思いますよ。

PRS代表のポールリードスミス氏(以下ポール氏)も来日し、常にEXP会場に滞在。たくさんのギターファン(そしてポール氏本人のファン)の皆さんと交流を楽しんでおられました。氏曰く「こういった店舗…ある意味「競合店舗」同士が一同に集まって同じブランドのギターを売るなんて、アメリカでは考えられない。これは日本ならではの企画だし、いつも非常に興味深く楽しい」とおっしゃっていました。
アメリカ本国のEXPはもっと大規模なイベントで、主催者であるポール氏も大忙しですが、日本でのイベントとなるとずいぶんリラックスして多くの皆さんと気さくに触れ合えるのが嬉しいといっていました。

出展した各店さんのギターもすごかった。 どんなギターだったのか気になる皆さんはインスタ&twitterなどで#ExperiencePRS をチェックしてみてください。
他にもポールマイルス氏(以下マイルス氏)のプライヴェートストックギターへの着色実演(もう何回も見ているという人も思わず立ち止まってしまうのは何故なのか?。実は毎回、内容もアップデートしているんです)も連日好評で、今回もドラゴンズブレス・フィニッシュの実演や、これまでなかった水泳塗料以外のカラーリング(BONNIE PINKなど)の実演も見ることができました。

EXPERIENCE PRS 2018 に向けて最後の更新

イメージ
明日から楽器フェア2018、そして明後日からはエクスペリエンスPRS 2018が開催されます。

ちなみに、楽器フェアは東京ビックサイトにて開催されます(楽器フェアは入場料が必要です)

エクスペリエンスPRSはビックサイト近くのTFTホールという会場にて開催します。エクスペリエンスPRSは入場無料なので、是非楽器フェア会場とあわせてお楽しみください。楽器フェアのチケットを見せて頂くと貰える、PRSグッズのプレゼントも用意されているみたいです。

楽器フェアオフィシャルサイト:http://musicfair.jp/2018/
ビックサイトとTFTホールは徒歩10分程度の距離です



フーチーズはエクスペリエンスPRSにのみ、出展いたします。

今回の出品本数は16本程度を予定しております。
DRAGON 2002なども持って行こうかと思いましたが...やはり今回は2018年モデルにフォーカスしたいと思います。ドラゴンなどは渋谷店ではご覧いただけますのでご来店の際にはお声がけください(店頭には出ていません)

出展に向けて最後にご紹介したいのがこちらの2本のギターです
まずは世界80本限定モデルであるグレイブヤード・リミテッドです。



こちらはプライヴェートストックでありながら本数を決めて同じ個体を製作するため、一般的なプライヴェートストックよりも比較的価格を抑えることができる特別なギターです。見てください、このトップ材。まるでヴィンテージギターの雰囲気をみせています。素晴らしい...

ところで、このグレイブヤード...つまり「墓地」と命名されたギター、どんなモデルなのでしょうか?

"PRSは150を超えるカーリー・メイプルトップを、米国東海岸のとある山頂の墓地周辺から購入しました。墓石は1884年ごろに建てられたものと思われます。そして木々は、最初の枝まで地面から最低でも40フィート(12メートル程度)もあるほど、明らかに樹齢の長いものでした。 2017年に伐採しましたが、トップ材は1959年にカラマズーで作られたギター(すなわちレスポール・サンバースト)に使用された木材にとてもよく似ていました。ポールはこれが「Michigan」というレッド・メイプルの亜種のようなものに思える、と話していましたが、もっとよく考えると、単に樹齢の問題なのかもしれません。 それでも、このメ…

EXPERIENCE PRS 2018リミテッド・モデル情報

イメージ
PRSエクスペリエンスまであと10日を切りました。先日はショウに向けた選定会もあり、出展に向けてさらに盛り上がっています。本日はEXPERIENCE PRS 2018リミテッド・モデルの中から当店出店品をご紹介します。
Paul’s Guitar R&D Versatile Electronics Configuration|TCI Treble & Bass Pickups|Limited Edition

PRSのラインナップにおいて、自身もギタリストであるポール・リード・スミス氏本人の名を関したモデルが、このPaul’s ギターであるのはご存知の通り。Paul’s Guitarは、かつてModern Eagleなどがそうであったように、ポール・リード・スミス氏の新しいアイデアが盛り込まれた、いわば最新のアップデートモデルであり、常に「プロトタイプ」的な存在のモデルだと言えます。Paul’s ギターは音へのこだわりや美学に対するポール氏の考えや想いが特に色濃く反映されており、いつも/いくつもの個性的な特徴を備えていました。“dirty”ディープ・カール・メイプルトップや“ブラシストローク”バードインレイ、ナロウ・ピックアップ・ボビンがその特徴として挙げられます。その美学が反映された2018年度版のPaul’s ギターがEXPERIENCE PRS 2018に登場します。過去のPaul’s ギターと似ていますが、この新しいPaul’s Guitar R&Dは、ピックアップのアップデートと新しい「音の引き出し」を持たせるべく、ユニークで直感的なエレクトリック・サーキットをもっています。
ポール氏は近年、ヴィンテージ・シングルコイルの研究に膨大な時間を費やしてきたと言います。シングルコイルピックアップのもつ音の鮮明さ、豊かさ、そして音楽性を形にするという目的のもと分析を進めた結果、ジョンメイヤーのシグネイチャー・モデルである「Silver Sky」に採用されたピックアップ“635JM”が誕生しました。そして、この研究を通じて新しいPRS・TCI トレブル&ベースピックアップが開発されました。 TCIとは「チューンド・キャパシタンス・アンド・インダクタンス」の略。このピックアップは最初に理想の音のゴールを定め、それを実現するピックアップをデザインして…