オーダーギター

昨日のFree The Tone PA-1QGのポストにもありましたが、ボトムズアップ。クルーズの定番モデル(ギター)でありますが、このギターの振り幅の広さを再認識しています。


私が入社した頃(20年くらい前)に、確か初めてのロッド生産(ある程度の本数をまとめて製作する)がスタートした記憶があります。入社してすぐ、沢山のボトムズアップを箱から出した記憶があります。

それ以前はコンポーネントスタイルで、ネックとボディーを別途整形し、それらをお客様の好みに組みわせてギターに仕上げるオーダーが多かった様です。現在のSleeping Beautyシリーズのボディーとネックは、この時代の材を使用しています。



Sleeping beauty Hoochie's 渋谷店ストック

Sleeping beauty Hoochie's サイドーパーク店ストック

私個人の話で恐縮ですが、入社するまで3シングルコイルのギター、特にメイプル指板のストラトで「いい音」だと感じるギターを弾いた事がほとんどなかったのですが、このボトムズアップをチェックすると、びっくりするくらい「良い音」がしたんです。衝撃的でした。しかも20万円前後で買えるギターで、このクオリティー?と驚きました。VANAZANDTのJIMI'Sという別注ピックアップも派手なサウンドで...歪ませてもカッコいい音がしたんですね。

クルーズ 1998年のカタログ 手前のゴールドと奥のサンバーストがボトムズアップ

でも自分は3シングルのギターはきっと使わないだろうなぁ...と思っていたのですが、多くのお客様がボトムズアップをチェックにご来店され...お客様の半数はプロギタリストです。皆さんスペック違いのボトムズアップをチェックするんですが、側から聞いていてもやっぱり良い音なんですね。当たり前ですが、皆さんギターめちゃめちゃ上手いし。「あのギターであの音が出るんだな」と勘違い。
結局、欲しくなって初めて3シングル/アッシュボディー/貼りメイプル指板という未体験ゾーンへ突入。もちろん、楽器屋見習いは貧乏なんですよ... クレジット決済です。
でも当然、プロの音は出ません。当たり前ですね!だから「ギターの鳴らし方」を必死になって探るんです...弾き方と鳴らし方。演奏よりも「鳴らし方」に熱中した20代〜30代前半の私。お客さんが帰ったあと、すかさず同じセッティングでサウンドチェック...WHY どーして同じ音が出ないの?? の繰り返しです...(遠い目)


結果、3シングルの魅力に「どハマり」し、そこから怒涛の勢いでギターを買いまくります。ローン祭りです。フェンダーのジミヘンドリクス・ストラト(ミラーイメージのリヴァースラージヘッド。あれも1997年に発売でしたね)を買っては「なんか違う」と同じ仕様でクルーズにオーダー。加えて、やっぱりローズ指板ものアルダーボディーも欲しくなってボトムズアップを購入。ランドゥを知ってからあの感じが欲しくなり、2点支持のフルボディー、少しだけモダンなストラトをオーダー(太いネック+ラージフレット)あと2ハムのストラトをパーフェローネックでオーダーもしましたね...なぜか今ここにそのネックだけありますが笑

2ハムのボトムズアップもう一度作ろうかな...

現在、クルーズのオーダーフェアを店頭で実施中なのですが、昨日の動画を撮っている時に、フツフツと「今自分が欲しいちょっとモダンなストラトモデル」をオーダーしたい願望が湧き上がってきました。

何となく、ハードロックメイプルの貼りメイプル(厚めのソフトVシェイプ)のネックを重めのアルダーボディー(3ピース)に組みわせて、SSHにしたい!という...

なのでオーダーしてみます。久しぶりにラージフレット打ちたいなぁ。でもステンレスフレットは無しだな。ジェスカーかな?いや、やっぱりジムダンだろう...とか。久しぶりに楽しい気分です。許されるならボディーはラミネイト(異素材混合)に挑戦したいなぁ...

どうなることやら。でもオーダーします!


皆さまも是非、妄想上のマイ・ベストギターを具現化すべく、そのギターをオーダーしませんか?店頭のギターをサンプルに、色々と妄想してください。ご相談もお待ちしております。

MWrata

spacer

Free The Tone PA-1Qが使えすぎる件

Free The ToneのPA-1Qシリーズをご紹介します。



PA-1Qシリーズは、デジタル技術とアナログ技術の融合を、更に推し進めた画期的な製品です。
一見するとデジタルのイコライザーエフェクターに見えますが、このPA-1Qシリーズは、「アナログ・イコライザー」です。ギター、ベースの信号が通るイコライザー回路(入出力部も含む)は全てアナログ回路で構成されており、ギター、ベースの持つ豊かな音色はアナログ信号のまま処理をします。つまり、昔ながらのスライドボリュームが付いたグラフィック・イコライザーと同じ信号処理方法です。そのままでは普通のアナログ・エフェクターですが、PA-1Qシリーズのパラメーターコントロール部はデジタル回路になっており、各種パラメータの状態をデジタルで正確に記憶・処理します。これにより、アナログ・エフェクターでありながら、プリセットやMIDIでのリアルタイムコントロールを可能にした画期的な製品が完成しました。

PA-1Qシリーズはギター用、ベース用、そしてアコースティックギター用がラインナップされています。ペダル本体だけでも4種類のプリセットを切り替えて使う事が可能です。

ギター用のPA-1QGの場合、調整可能な周波数は
50Hz、100、200、400、800、1500、2500、3500、7K、10K(+/−12dB)です。



非常にシンプルなペダルなのですが、使用法は様々です。

基本的な音質補正用として。これはもう説明不要ですね。

トレブル/ベースブースターとして。EQはいわゆるブースターの様に「ゲイン」を持たないので、歪み具合を変えずに、単純に望んだ周波数/音色をブースト可能です。

カットペダルとして。カットとは周波数や音量自体をカットする事を意味します。特定の周波数を極端にカットして、音をスッキリさせたり個性的に聞かせます。また、ボリュームをカットする事で「プリセットボリューム」の様に使えます。これにより、例えば昔ながらのシングルチャンネルのチューブアンプ(マーシャルなど)で心地よいクランチサウンドを作っておき、EQとレベルをカット(=ゲインが下がる)した場合はクリーンなサウンドに変化。反対にEQとレベルをブースト(=ゲインが上がる)すればアンプはさらにドライブします。これで、シングルチャンネルアンプのウィークポイントである音量/ゲインの調整が非常に簡単に行えます。
便利ですよね。



さらにこのPA-1QシリーズはMIDIでプリセットチェンジが可能。つまり、Free The ToneのARC-3やその他のプログラマブル/ルーティングユニットとMIDI接続すれば、パッチ/プログラム毎にEQのプリセットを変えられます。これは相当便利な機能で、極端に言えばアナログディストーションペダルを、プログラマブル・デジタルディストーション化したり、ヴィンテージファズを曲によって使いやすく補正したり、ディレイのサウンドをアナログ風/デジタル風と使い分けたり、コーラスなどモジュレーションエフェクトがONになった際の音量の変化を補正したり... 例を挙げたらきりがないくらいに使いどころが盛りだくさんなのです。

Free The Tone PA-1QG 商品ページ

動画で簡単な使用パターンを試してみました。
是非チェックしてみてください。


MWrata
spacer

KEMPER 入荷しました


KEMPERアンプが各種入荷しております。

KEMPER NON POWER
ブラック

KEMPER “POWERED”
パワードヘッド ブラック と パワードラック が入荷しました
http://hoochies.info/item/amp/kemper-profiler-amp/

リモートペダルも入荷しました。KEMPER + REMOTE のセットで購入される場合はセット価格もご提案いたします。

さて、KEMPERを愛用されている皆さん。
「X」のスロットはどの様に使用されていますか?

この「X」とはKEMPER内でのアンプセクション後のエフェクトループというか「ブランクスロット」に鳴るのですが、色々な使用方法があります。

・そのままエフェクトループとして外部エフェクトを接続したりALTANATIVE INPUTに外部入力(例えばアコギなど)をプラグインしてKEMPERのMOD/DELAY/REVERBスロットのエフェクトを使ってみたり(ご存知小倉 博和さんの使用法で紹介されています)任意のエフェクトを割り当てて使ってみたり(アンプの後段でさらにオーヴァードライブをかけてみたりピッチチェンジ系を配置してみるetc) 色々な使い方が考えられると思います。


皆さま色々とアイディアはあると思いますが、個人的にはKEMPER内の「EQ」が一番しっくりくる(ハマる)のがこのスロットでは?と思います。特にロック系のギターサウンドの場合、ファクトリープリセットのEQである「Rhythm Mix」というプリセットをインサートするだけで、もう一段音がグイッと前に出てくると思います。あまり「X」スロットを使っていないという皆さまは是非、お試しください。

本日も某プロギタリストの方との会話の中で「XXは結局現場でいまいち音がヌケて来なくて...KEMPERの方が...」という話がありました。こう言った事柄は特定の音楽や現場での実体験なので、どなたにも当てはまる事ではない(現に音がヌケて来ないというその機材が他の現場では大活躍している、等)のですが、その逆もあるという事ですね。

アナログアンプは勿論ですが、デジタルアンプもやっぱりきちんと使用法を理解して、本来の音が得られる環境で試さないと、その良し悪し(というか持ち味)はわから無いと思います。

KEMPERはデジタルアンプであって、デジタルアンプには無い面白さがあります。そして、KEMPER以外のデジタルアンプにも、その機材ならではの意味があります。



店頭でいつでもKEMPERの音出しチェックが可能です。
デジタルアンプの面白さを是非体験して頂きたく思います。

MWrata
spacer

Sleeping Beautyをオーダーする?


カスタムオーダーフェアが始まり、本日早速ベースのオーダーをいただきました。お客さま2本目のクルーズベースはJB-ModernJB-2004を融合させたパッシブベース。カラーに関してもご自身のイメージを手書きの絵でお持ちいただき...こだわりをヒシヒシと感じました!いいベースになる様にこちらも頑張ります。ありがとうございました。


さて、オーダーフェアと同じく現在Sleeping Beautyというシリーズが徐々に入荷しております。現在渋谷店にベースが、サイドパーク店にはギターが入荷しましたが、なんとギターは即日SOLDという事でありがとうございます。


このシリーズは20年前(もっと前かも)にクルーズ代表吉岡氏が当時のHEADWAY工場(現在の飛鳥工場)にボディーとネックを別途オーダーし、お客様からのオーダーがあった際に組みわせて製作していた、いわゆる「コンポーネント」ギター/ベース用の素材です。これらはオーダーを予測して製作されていましたが、お案じタイミングでクルーズのロッド生産(12本のまとまったオーダー)やレギュラーモデルの本格的な販売が増えたこともあり、ストックのまま保管されていました。

こう言った材はカスタムオーダーが入った際に使われることもありましたが、多種多様なスペックでストックされているので、出番がないままに眠り続けていた、というわけです。


昨年10月あたりからこれらの材をチョイスし、楽器として販売しています。これらが「Sleeping Beautyシリーズ」と呼ばれています。本日もSleeping Beautyで一番ド派手なULTRA-QフィニッシュのJBをご注文いただきました。ありがとうございます!

THANK YOU SOLD! 

さて、ここにベースのボディーがあります。ワンピースの軽量アッシュを使用したJBです。ネックポケットにはMOMOSE CUSTOMの焼印と吉岡社長のSEP/97のサインが。こちらのネックにもMOMOSEの焼印があります。





MOMOSEの焼印は当時のネック/ボディーに見られるマーキングで、現在「信州の名工」として正式に長野県からその功績を表彰された(有)飛鳥の「百瀬恭夫さん」が生産の監修を勤めていた事を示すマークでもあります。信州の名工/ならびに百瀬さんに関して詳しくはデバイザーさんのページをチェックしてください

百瀬さんと言えば日本のアコースティックギター製作の第一人者としてあまりにも有名な方です。もちろん当店ではK.Archeryの製作、そしてUSAGI-YAのアコースティックギターの製作者でもおなじみ、ではないでしょうか。

話が逸れましたが、このボディーとネック、バッチリとセットアップ可能です。いかがでしょうか。





ご希望の場合、この張りメイプルネック+ワンピースアッシュボディーであなただけのSleeping Beauty Bassを製作することも可能です。こう言ったオーダーもフェアならではないでしょうか?是非ご相談ください。

MWrata

spacer

クルーズヴィンテージライン&カスタムオーダー&K&Tフェア


新年明けましておめでとうございます。本年も渋谷フーチーズ/小金井フーチーズ・サイドパーク店をよろしくお願いいたします。

新年最初の投稿は20191月のフェア告知となります。

年末から年始にかけてクルーズ・ヴィンテージラインの入荷がございます。年末ギリギリに入荷した59TLを始め、クルーズとK&Tピックアップのコラボレーションでおなじみのトラディショナルスタイル…STLED-1959などが店頭に並ぶ予定です。

あわせてK&Tピックアップフェアも開催中。ピックアップをお買い上げいただいた皆様への取り付け代金無料サービスに加え、NOSコンデンサのプレゼントキャンペーンを実施中です。



さらに、少しずつ入手したトーンウッドと呼ばれる貴重なトーンウッド...メイプルやマホガニー、ローズウッドに加え、新たに入手した材を店頭にご用意。カスタムオーダーフェアも同時に開催します。



5A/4Aキルテッドメイプルやバールメイプル、ホンジュラスマホガニー、そしてブラジリアンローズウッド、マダガスカルローズウッド、ホンジュラスローズウッドなど貴重なトーンウッドをご自身の目で/耳で選んでカスタムオーダーいただく事も可能です。オーダーモデルのピックアップにはK&Tハンドワインディングピックアップをご提案いたします。

K&Tピックアップは基本的にすべてのモデルがカスタムオーダー品となります。製作者である高野さんからの提示として、基本となるサウンドを持ったピックアップがラインナップされていますが、それ以外の仕様やピンポイントで「この音!」というオーダーも可能です。例えば「あるミュージシャンのこのライブの時のサウンド」というオーダーにもできる限り対応します。実際にyoutubeの動画をみせてもらい「この音が欲しい」というオーダーを承った事も少なくありません。そしてその音に向けて、楽器を製作します。

もちろん、ヴィンテージライン以外の楽器フレットレスベースやクルーズのスタンダードモデルの受注もおこないます。極上のハードメイプルをネックに採用したド派手なフロイドローズ搭載ギターですか?お任せください。




S様オーダーモデル(いつもありがとうございます!)

フーチーズでは「ヴィンテージ」と「モダン」は相反するものではなく、どちらにも共通する良い音/良い楽器のルールがあると思います。良い音にジャンルは無い。肝心なのは弾き手が狙った音や演奏性、そしてルックスが得られるかどうか?だと思います。


まずはどういった楽器が欲しいのかお聞かせください。店頭の楽器からインスパイアされる事も多いともいますので、是非実際の楽器に触れてみてください。

皆様のご来店をお待ちしております。


spacer