KEMPER 入荷しました


KEMPERアンプが各種入荷しております。

KEMPER NON POWER
ブラック

KEMPER “POWERED”
パワードヘッド ブラック と パワードラック が入荷しました
http://hoochies.info/item/amp/kemper-profiler-amp/

リモートペダルも入荷しました。KEMPER + REMOTE のセットで購入される場合はセット価格もご提案いたします。

さて、KEMPERを愛用されている皆さん。
「X」のスロットはどの様に使用されていますか?

この「X」とはKEMPER内でのアンプセクション後のエフェクトループというか「ブランクスロット」に鳴るのですが、色々な使用方法があります。

・そのままエフェクトループとして外部エフェクトを接続したりALTANATIVE INPUTに外部入力(例えばアコギなど)をプラグインしてKEMPERのMOD/DELAY/REVERBスロットのエフェクトを使ってみたり(ご存知小倉 博和さんの使用法で紹介されています)任意のエフェクトを割り当てて使ってみたり(アンプの後段でさらにオーヴァードライブをかけてみたりピッチチェンジ系を配置してみるetc) 色々な使い方が考えられると思います。


皆さま色々とアイディアはあると思いますが、個人的にはKEMPER内の「EQ」が一番しっくりくる(ハマる)のがこのスロットでは?と思います。特にロック系のギターサウンドの場合、ファクトリープリセットのEQである「Rhythm Mix」というプリセットをインサートするだけで、もう一段音がグイッと前に出てくると思います。あまり「X」スロットを使っていないという皆さまは是非、お試しください。

本日も某プロギタリストの方との会話の中で「XXは結局現場でいまいち音がヌケて来なくて...KEMPERの方が...」という話がありました。こう言った事柄は特定の音楽や現場での実体験なので、どなたにも当てはまる事ではない(現に音がヌケて来ないというその機材が他の現場では大活躍している、等)のですが、その逆もあるという事ですね。

アナログアンプは勿論ですが、デジタルアンプもやっぱりきちんと使用法を理解して、本来の音が得られる環境で試さないと、その良し悪し(というか持ち味)はわから無いと思います。

KEMPERはデジタルアンプであって、デジタルアンプには無い面白さがあります。そして、KEMPER以外のデジタルアンプにも、その機材ならではの意味があります。



店頭でいつでもKEMPERの音出しチェックが可能です。
デジタルアンプの面白さを是非体験して頂きたく思います。

MWrata
Share:
spacer