ラビットイズ USA-1 ブラックもあるんです


Rabbit isシリーズに関してお問い合わせを頂いております。
「どんな音?」という事で、動画でご紹介します。

こちら


USA-1USA-2、基本デザインは同じですが、USA-1はマホガニーボディー&ネック、USA-2はコリーナボディー&ネックを採用しています。その他のスペックは全く同じ。材の違いが音に出ています。楽器のプロデュースはクルーズマニアックサウンドの吉岡社長です。





マホガニーのUSA-1を「フラット」とするなら、コリーナのUSA-2は「少し腰高」でミッドレンジの主張が強い印象です。どうせなら弾き比べればよかったですね今度やります。



ネック側のピックアップはソープバー・タイプのクルーズ”VEGAS”を搭載。ブリッジ側はクルーズ”CL”に似ていますが、Rabbit is用のピックアップです。



今回はさっきまでチェックしていたKORG SDD-3000 PEDALを繋いだままのVOX AC-30 C2でチェック。途中で歪みが加わりますが、クルーズのAddict ODを踏んでいます。ディレイはもちろんSDD-3000 PEDALです(おかげさまで売り切れました)

やっぱりLP Jr.スタイルなので「ジャラーン!」とストロークしたサウンドが最高です。サスティーンはLPなどに比べると大分「アッサリ」ですが、それこそがこのギターのキャラクターです。また、ラップアラウンドのブリッジなのでTOBスタイルに比べるとブリッジ側での共振がない+テンションが強めになります。それゆえのサウンド、弾き心地なんですね。クランチアンプとの相性は最高です。

また、ピックガードは無償オプションとして用意されています。
試しに取り付けてみるとこんなイメージ。


こちらはUSA-1のナチュラルにバインディング付きのPGをマウント。



こちらのソリッドブラック/サテン仕上げのUSA-1は後ほどデジマートならびにオフィシャルサイトにアップの予定です。どうぞお楽しみに。

渋谷店の在庫一覧はデジマートでチェックできます

サイドパーク店でも勿論チェックできます!在庫はこちらでご確認ください

次回はUSA-1USA-2を弾き比べましょう。

Murata

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します