Reunion "DARK-CHERRY" が最高です

クルーズヴィンテージラインのセミアコ、Reunionのご紹介です。
今日は店頭のReunionのサウンドチェック動画を久しぶりにAC30にOXを繋いでを撮りました。クルーズのAddict OD、GOD、QUADRIVEなどの歪みエフェクタに加えてダブリングエコーはBOONARを使いました。



そんなリユニオン、今回の入荷分からなんとボディーシェイプがマイナーチェンジ。ヴィンテージシェイプに変更となっています。

カッタウェイをチェック

REUNIONをチェックしていると、いつだってセミアコが欲しくなります。そう、多くのギタリストがセミアコのサウンドを欲しいと願っているはずです。ソリッドギターのサウンドにミドルレンジ+エアー感を程よく加味したサウンドは、ジャンルを問わずに幅広いミュージシャンに愛用されてきたからです。

ただ、以下の動画の様に、マーシャルやORANGE、VOXが歪みきった所にセミアコをプラグインしたことがありますか?普通のセミアコだと、こんな音はしないんですよ...

 







セミアコとソリッドギター、構造の違いがサウンドに変化をもたらすのは当たり前ですが、ジャズギターやフラットトップのようなアコーステイック楽器ではありません。エアリーで豊かなミッドレンジをソリッドギターの弾き心地で演奏したい、と考えている皆さんも多いことでしょう。しかしながら、多くの「セミアコ」は弾きづらい、と言われています。何故なのか?その答えの一つが、このReunionを弾いてみていただければ理解できます。

新入荷のCrews Reunion Vintage Cherry(すごくいい色なんです)をサイトでチェックしてください。http://hoochies.info/item/guitar/crews/reunion_darkcherry/


MWrata


このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します