ギブソン(?)レスポールにK&Tを搭載その2

先日の投稿に引き続き、お客様のギターにオーダーいただいたK&Tピックアップを搭載しました。今回はGibson...いや、MAXのレスポールです

GUITAR SHOP HOOCHIE'Sさん(@guitar_shop_hoochies)がシェアした投稿 -
なかなかのルックス。ピックガードのビス穴も開いていませんから、このギターはあらかじめ「そういう」事で製作されたという事でしょう。ブラジリアン指板に1959ライクなテンション感。乾いた鳴り。MAXらしいギターです。MAXのレスポールに関して知りたいという皆さんは米Premia Guitarサイトをチェックしてみると面白いかもしれません。




今回はそのMAX製のLes PaulにK&Tのピックアップをマウントします。こちらは交換前のギターサウンド。ピックアップにはセイモアダンカンのスラッシュ・シグネイチャーピックアップがマウントされています。アルニコ2マグネットを採用したローパワーなピックアップですが、MAXのギターとは非常に相性が良く(当たり前か)確かにSLASHのレスポールはMAXのギターだと言われれば納得のサウンドでもあります。
しかし、せっかくならここまで乾いたギターの鳴りを活かしたいというのがオーナーの考え方。ならばK&Tのカスタムピックアップはいかがでしょう

GUITAR SHOP HOOCHIE'Sさん(@guitar_shop_hoochies)がシェアした投稿 -

GUITAR SHOP HOOCHIE'Sさん(@guitar_shop_hoochies)がシェアした投稿 -

今回搭載したピックアップは『RED LIGHTNING』というカスタムメイドピックアップ(とは言えK&Tは全てカスタムメイドですが)赤い皮膜のコイルを採用していることからその名称が付けられました。このピックアップはVintage PAFのサウンドをイメージしながら、さらにハイミッドに 突き抜ける様なパワーと倍音を備えています。ギターのボリュームを少し下げれば、オールドPAFの様なニュアンスも顔を出す非常に使いやすく、抜群のサウンドを持っています。

サウンドチェックにはマーシャルプレキシを使用し、全く同じセッティング(弦も交換していない)で弾き比べています。





ピッキングへの食いつきが気持ちよく、さらに情報力が増えていることがお分りいただけると思います。ギターの音色はそのままに、マイク(ピックアップ)を交換することでギターの特徴がもっと明確になり、さらにアンプへの送りレベル(信号)とレスポンスも変わってきます。もちろん、ダンカンのスラッシュシグネイチャーピックアップも大変素晴らしいサウンドです。しかしながら、繊細さと情報量においては、このK&T {RED LIGHTNING』に軍配があがると思います。パワフルになっただけでなく、繊細であるということが非常に重要だと思います。

MWrata

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します