特濃モータウンサウンド完成

こんにちは、ベース担当の西村です。

毎回好評をいただいているブラッシュアップシリーズ。
担当の好みをひたすら押し通し完成する拘りのMODベース。

今回ご紹介するMODベースはCrews Maniac Sound NPB w/K&T "MOTOR TOWN" 3TS



ピックアップのモデル名でだいたいの察しはつくと思いますが、今回目指したのは
1本指奏法「The Hook」でお馴染み多くのベーシストに多大な影響を与え続けるベーシストJames Jamersonサウンドです。


濃厚・濃密・モッチモチな「特濃モータウンサウンド」が出るPB MODをさせていただきました。

元となるベースは勿論Crews Maniac Sound NPBをセレクト。



クルーズのプレシジョンベースタイプであるNPBは、ヴィンテージモデルの素晴らしさを継承しながら、ナット幅やネックシェイプ、パーツ関連をクルーズらしいチョイスで仕上げており、PBモデルの醍醐味であるパンチ感と迫力に加えて、スムーズな音の立ち上がりとレンジ感を両立しています。
そのままでも「鳴り」が素晴らしく、ヴィンテージベースでは得られないPBらしさを兼ね備えていますが、今回は特濃モータウンサウンド」を目指しブラッシュアップさせていただきました。

サウンドの要であるピックアップには世界最高峰の手巻きピックアップである”K&T PICKUP”から、ヴィンテージPB特有のファットでパンチのあるボトム、地を這う様な重低音を復刻させた"MOTOR TOWN"をセレクト。


ピックアップを交換しただけでは満足しません!
さらに濃厚に、粘りのある重低音を出力させるため、コンデンサー・配線材・半田も交換していきます。

コンデンサーは標準ではオレンジドロップが搭載されていますが、今回はヴィンテージ・セラミックコンデンサー(スタッフ秘蔵の私物)をチョイス。
配線材もビニール線からクロスワイヤーに交換。
半田もヴィンテージ物(スタッフ秘蔵の私物)をミックスさせ、サウンドの調整を行いました。

交換前

交換後

最後にK&T "MOTOR TOWN"のサウンド特性をフルで引き出す微調整を行い、完成いたしました。

納得の粘りのある重低音。
ただただ太いだけではなく、出力されるサウンドにはしっかりと芯があり、決して潰れません。
濃厚で濃密でモッチモチのモータウンサウンド。
数多くの名盤で聴けるあのサウンドが現代に蘇ります。
トーンをフルカットし、ミュートしてのサウンドは、他では味わえない極上のモータウンサウンドに。





1音弾いただけでもダイレクトに伝わる音圧、弾けば必ず虜になります。

興味のある方は是非フーチーズ店頭でお試しください!

ご自身のPBに同様のブラッシュアップを行いたいという方も、お気軽にご相談ください。

通信販売はこちらから:【https://www.digimart.net/cat03/shop2820/DS04576705/

西村

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します