5月20日インストアイベントに関して


5月20日(日)フーチーズ店内にて、マルキオーネギターを愛用するジャズギタリスト、Paul Kogut氏のインストアライブ&クリニックを行います。
オープン/スタート 15:00 参加費:1,000円

店内は14:30まで通常営業中です。
ご来場予定の皆さまは14:30以降フーチーズへご来店ください。*すでにご予約いただいてる皆さまありがとうございます!ライブにご参加いただく皆様はご予約時のお名前を受付にてお知らせください。その後は冷たいお飲物を飲みながら、是非本場のジャズギター、そしてマルキオーネギターのトーンやその魅力をお楽しみください。

イベント内容

ルシアーStephen Raphael Marchioneが 1本ずつ丹精込めて創り上げる異次元の手工ギターを 名手ポール・コーガット氏の演奏による スペシャルクリニック&ミニライブでお楽しみください。当店のマルキオーネ・フルアコースティックギターはもちろん、ニューヨークで活躍するポール氏の演奏とクリニック。お見逃しなく。

*ポール・コーガット氏が作成した資料も配布されます。
*席数に限りがありますの。ご来店予定の皆様は事前にご予約をお願いします。20日昼頃までご予約を承ります。
予約電話番号:03-5428-6739
またはshop@hoochies.infoまでメールにてご連絡ください

Paul Kogut(ポール・コーガット)



米国ニューヨーク州ユーティカ生まれ、NYC在住。マンハッタン音楽学校修士課程修了。ギタリスト、作曲家として30年のキャリアを持ち、ハミルトン・カレッジ他で音楽講師として後進の育成にも尽力している。

幼い頃よりギターを弾きはじめ、学生時代にはウェス・モンゴメリーの「West Coast Blues」のコピーに明け暮れる。その後、パット・マルティーノに師事し、マルティーノの紹介でミック・グッドリックにも師事する。一時期、シカゴで活動するが、現在はNYCを活動拠点に、全米各地でも演奏している。
当日はニューヨークで活躍し、世界各国で演奏するポールコーガットの貴重なクリニックはもちろん、マルキオーネギターがどのように氏のスタイルにフィットしているのか?他のギターでは得られない個性とは?その辺りを伺いながら「超ハイエンド」と呼ばれるギターとの付き合い方、その面白さや楽しみ方も伺っていきたいと思います。




皆さまのご来店をお待ちしております。

スタッフ一同

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します