LED 1959 SOUND SAMPLE

遂に入荷したLED 1959
本日はそのサウンドサンプルをアップ


今までと何が違うのか?
勿論、使用しているマテリアルは全てのLEDシリーズ(限定品除く)で共通です。
ブラジリアン指板
ホンジュラスマホガニーネック、ボディー
そしてセレクテッド・ハードメイプルトップ

ひとつは細部の数値の変更があります。
ネック角度/ジョイント角度、そしてトップアーチの検証と若干の変更。
これだけで、何が変わるのか?と思われるかもしれませんが、
ギターにおいて最も大切なのはこの辺りの加減/塩梅だったりします。
そして勿論、材の持つ音色はかなり重要です。
材の名称では無く、どういったトーンを持っているか、です。
今回はあらゆる意味で1959を目指しました。

私もLED PREMIUMを所有していますが、
ほんの少し?いや、実際には「ほんの少しの違い」が、かなりの違いに感じます。
同じギターなのですが...この違いは初体験でした。
どちらもキャラクターがしっかりと存在します。ある意味では別のギターだとも言えますね。

そしてピックアップです。
今回はK&T N.O.S TOPS、しかもVL/ベリーローテンション仕様です。
この奥行き感とアコースティック感を併せ持ったピックアップを
ダブルホワイトを中心にセレクト。
圧倒的ミッドレンジとピッキングへの追従、奥行き、早さ。
この動画からもご確認いただけると思います。

順次入荷しております。是非店頭でお試しください。

おすすめです!

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します