John Page Guitar AJ-K

発表会で選定し、そのサウンドとルックスに一目惚れした、
John Page Guitars/AJ-Kが入荷致しました。

前回、フーチーズに入荷した、SV-Kよりボディサイズが小振りのモデルで、
トップにフレイムのクラロウォルナット(ドロップトップ)、バックにワンピース
ブラックリンバウッド(コリーナ)材を使用した、ソリッドボディのギターです。

ヘッドプレートはトップ材と同じ、クラロウォルナット。サイドポジションのみの、
エボニーフィンガーボードに極めつけは、オリジナルのJP Wood-Tone Bridgeが
マウントされています。

強化エボニーにセルらしき物を埋め込み、さらにその上にステンレスのフレットが
打たれており、このブリッジを使用することにより、木製のベルのような澄み切った
サウンドが得られるとのこと.........

ブリッジプレートも、全てブラスの削り出しで、John Page氏の手によって、
ひとつひとつ制作されております。

このブリッジのサウンド特性に、中音域が豊かなウォルナット材とブラックリンバウッド材が
見事にマッチし、さらにエボニーフィンガーボードのアタック感がプラスされ、
ミッドの濃い、スウィートかつヌケの良いサウンドのギターになっております。

生音の鳴りもアコースティックギターのように、クリーンでサスティーンがあり、
ルックス同様、美しいサウンドを奏でております。

木と金属のサウンド特性が、緻密に計算され組み込まれた、機能性に優れた
究極の芸術品と言えるでしょう。
ゆえに、生産本数は極めて少なく、レアなギターなのです。

1Vol、1Tone、3Way Position SWのシンプルなコントロール。
ピックアップは、John Suhr DSV Humbackerがダイレクトマウントされており、
ギター本体のサウンドをリアルにアウトプットしています。

John Page氏のウッドトーンマジックを、皆様ご自身の手と耳でお確かめ下さい。



アコギコージ







このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します