SEC シリーズ

クルーズのロングセラーモデル、SECの動画をアップ!
SECの良いところはアルダー1ピースボディーとメイプルワンピースのネックに
ノイズレスピックアップやレースセンサーピックアップを組み合わせて
ハムノイズをキャンセルしながら
さらにミッドブーストを搭載する事で、
クリーム時代を連想させるウーマントーンから
クリスピーなハーフトーンまで
非常に幅広く、使える音が引き出せるところです。

特にハーフトーンはフェイズしないハーフトーンなので
ヴィンテージさながらの音の太さがあります。

弾む様な生鳴りとミッドがしっかりしたエレクトリックの音。
「ボソっ」とした鳴りのギターでは
ミッドブーストの音の太さを
突き抜ける様なリードトーンに生かせません。
しかも生鳴りのリッチさもないといけない!難しいバランスです。

この動画の様にしっかりしたギターの音であれば、
ドラムやベース、ピアノ等と共演しても、
音が埋もれる事はないでしょう。
アンサンブルで聴こえる良音が出ています。

勿論、究極にパッシブの素晴らしさを追求した
こちらのK&T/Domino Pick upを搭載した1956や1959モデルは、
より奥行きのある極上のエレクトリックギター。
往年のE.Cなら間違いなくこのモデル!



そしてクラプトンと言えば・・・
クロスロードフェスのDVDを観ると
やっぱりギターを弾くのが楽しくなりますね。

ギターの面白さや素晴らしさを広めたい気持ちや、
音楽とプレイヤー両方のレジェンドへのリスペクトが
ビシビシ伝わってきます。

当店もそんな気持ちに勝手に便乗して(?)
でもグッズはちゃんとオフィシャルですよ(笑)
やっぱりリスペクトです。

そして・・・

分割手数料0%キャンペーンもいよいよ16日まで
お得な4日間をお見逃しなく!

MW

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します