K&t Oh Well

以前、MAXのLPにマウントした、K&T Oh Well
サウンドチェックしました。

P.グリーン〜G.ムーアに受け継がれたサウンド....

ちょっと生々し過ぎるかもしれませんが
リアルなギターの音。

良い音で、録れたと思いますが........如何でしょうか?

途中の歪みは
音に拘る皆さんが大絶賛の
DURHUM SEX DRIVEを使用しました

では、どうぞ!

フロントP.U.に、ご注目下さい。
センターポジションは、アウト オブ フェイズ。
マグネットに細工をしてあります。
フロントとリアは、ゼブラ(カバーで分かりませんが....)

K&Tのハムバッカーは数種類ありますが、どれも素晴らしいです。

Oh Wellも弾きながら、あまりの気持ち良さに、私のBlues魂に
火が付き本編の何倍もの時間、弾きまくってしまいました(^^)v

ちなみに、このギター、お客様のご要望で、ペグを70'sのグローバーに
交換致します。

もちろん、交換後のサウンドも、アップする予定です。

お楽しみに!




アコギコージ

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します