[PRS] お見逃しなく [PRS]

生産完了のPRS テッドマッカーティー。
チェックにいらっしゃる皆さんもチラホラ
やっぱり気になりますよね。
格好良いですもの。
そして
格好いい楽器は
良い音がするんですよね。



このヘッドシェイプ、
そしてシースルーブラックに
フレイムメイプルの天神がかなり素敵。


このバースト具合がまた・・・

勿論、トーンも格別。
しつこいようですが、この57/08 P.Uはイイです。
クリーンでファットでスピードもあって・・・
PRSの2010-2011の方向性は
このピックアップで 決まった様なものでしょう(笑)
新作にも積極的に搭載されるのもうなずける程
PRS至上で最も[PAF]のイメージが具現化された
ピックアップではないでしょうか。

そしてPRSの新作の殆どが
ヴィンテージを意識した楽器であるという事が
その事実を物語っています。

何と言ってもピックアップの単品売りをしないというのも
自信の現れでしょう。


塗装負け、というのはラッカーがケースの内装に少しだけ
反応してしまっている事です。

勿論、アコギコージのマジカルな磨き上げによって
言われなければわからないレベルになっています。

なので単純に
とてもお得、という事です。


こちらはDC-Soapbar
ソープバーモデルはオプション扱いなのでレア。
通常のPRSソープバーと異なり245スケールなので
クラシックな鳴り感があります

ボディー厚がSC245とは異なります。
勿論、出音もシャープ。

ワイルドなトップ。
完全に見た目でチョイスしました(笑)
でも10トップオプションの
アップチャージも乗っていませんのでお買い得です。

勿論セレクトの際はタッピングチェックしました。
音色も良かったのです。

そして・・・実はスタッフ一番人気のモデルです。




木取りも良い感じ。

PRSの狙う音色
求める弾き心地

ポールのヴィンテージギター、そして
テッド・マッカーティー氏へのリスペクト

色々な想いが込められたギターなのであります。

MW

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します