AC-30

先日入荷したAC-30。

今回はかなり力が入っています。
もう音にそれが現れています。

こちら
トレモロチャンネル非搭載なので
往年のAC-30ファンには寂しいかも知れません・・・
しかしながらピュアでタイトなVOXトーンは絶品。
AC-30特有のノイズもおさえられており
非常にクオリティーが高いと思います。チューニングも抜群。
しかも
アルニコマグネット搭載モデルでも実勢売価20万円中盤という
名ばかりの「ブティック・アンプ」顔負けの完成度。

アルニコブルー搭載のAC-30HW2X
グリーンバック搭載のAC-30HW2
それぞれ価格が異なりますのでご注意を!

ちなみにこちらの
アルニコスピーカー
(昔で言うブルー・ブルドック)が搭載されたものが
AC-30HW2X

そしてこちらの
グリーンバック・スピーカーが搭載されたモデルが
AC-30HW2となります。

どちらもタグボードのハンドワイヤード
ですが、
スピーカーユニットで価格が違います。
(ヘッドアンプ部は全く同じです)

アルニコブルー搭載モデルは
太く、中域に非常に上品なキャラクターがあり、
往年のAC-30のイメージそのままの音色です。

グリーンバック搭載モデルは
特にオーヴァードライブサウンドに向いており、
アルニコブルーに比べて荒々しいミッドレンジ。
グリーンバックといえばマーシャルキャビ、
あのイメージですね。

勿論両方 IN STOCK!
レスポールやテレキャスターには
特におすすめです。

是非!マスターボリュームをバイパスしてご使用下さい。
EQは全てOFFでも極上のトーンが飛び出す
ライブ派ギタリストには特にお勧めのアンプです。


MW

このブログの人気の投稿

超注目のD.Iが登場 その2

Crews Aristoteles + Y.O.S Smoggy Hum bucking Pickup

PRSのイベント開催します