このブログ内を検索

2011/04/30

LED Seires

壮観です。
個人的にはこのハニーバーストがグッときます。
皆さんのお気に入りは果たして?

K&T CODA搭載モデルのサウンドチェック
ブライトでありながら濃厚なハイミッド。
そしてミックスポジションの絶妙なトーン。
D*A*M/SONIC TITANの歪みも素晴らしい。


こちらはLED PREMIUM
フィドルノートP.U搭載モデルはもうお試しになりましたか?
LED PREMIUMとのコンビネーションは想像をはるかに超えた表現力。
是非経験して下さい。

さらに5月8日までのスペシャルオファー。
LED LIMITをお考えの皆様は是非G.Wはフーチーズへ。
 数々の書籍もご用意。LPの歴史を振り返りながらお好みのテイストを加えてください。
ワクワク。
こちらも5月8日までの限定オファー。
ベース用のスポルテッド&バールを少数ですがご用意しました。
スペシャルセレクトの名に恥じない良質なウッドです
UNCLE SP
JB, Uncle, GTN...

mw

2011/04/29

awesome bros!

よっちゃんのギターに誘われて・・・
Ultra brosがやってきました。

実はお客様の修理完了品なのですが、
せっかくなので撮らせていただきました。

親戚同士(?)で一枚。
Crews MAJO-II and PRS Custom CE-Bolton

うーん。ド派手とはまさにこの事・・・
Majoはピックアップカバーもカラフルですね。

ちなみにこの義男さんのPRSギターのベースが
[CE]だと言う事は、あまり知られていない事実なのでした。


mw

思わず海辺を思い出す・・・

フェンダーアンプのリペア品をチェック中のミスター。
Crews OST-69とのマッチングがあまりに素晴らしかったのでREC


深いリヴァーブとセンシティヴなギターの音色が最高のマッチング。
この繊細な高域を得ながら、固くない音色に仕上がっているかどうか?
ギターもピックアップもAwesome!!です

未だの皆さんは是非店頭で。
ホワイト、CARの他に動画で使用した
3TSB/マダガスカルローズ指板も入荷しています。

mw

2011/04/28

PRS ACOUSTIC


詳細ページアップしました
お楽しみ下さい

mw

ARE YOU EXP. "ULTRA-Q"??

フーチーズに来たからには見ておかないといけない
SPECIAL PRS!

Yoshio Nomura's TRIPLE-Q!

オーナーと共にぱちり。
 野村さん supa-mega thanks!
ご自慢の逸品をフーチーズにて展示中です
ゴールデンウィーク期間も勿論展示しておりますので
是非ご覧になって下さい。

mw

2011/04/27

OS LED FULL LINE UP

OS LED
FULL LINE UP PAGE アップいたしました。


とにかく、素晴らしい完成度。
お試し下さい

mw

OS-LED がいよいよ見逃せない


早速サウンドチェック


ちょっとカメラのマイクでは拾いきれていないでしょうか?
しかし、とても良い感じの音色です。

DiMarzio/36th Anniversary PAFはナチュラルで
コンプレッションがあります。

SAYTONEは開放的な音色でハンドワインディングならではの
分離の良さと木の鳴りが出力されています。どちらもGOOD TONE.

今回はアンプにPRSのDallasを使用しています。
中々イナたいアンプです!
途中からの歪みはおなじみG.O.Dを使用しています。

次回はあのK&T ピックアップの "CODA" マウントモデルも
チェックしたいと思います。ちょっと凄い音。お楽しみに。

mw

2011/04/26

G.W SPECIAL

ゴールデンウィークのご予定はお決りでしょうか?
是非、フーチーズにもお立ち寄り下さい。
こう言った企画を予定しております。


ウッドライブラリーから、かなり良い感じの材をチョイスしてまいりました。
Uncle/JB-SPでも好評のスポルテッドメイプルやバールをトップ材にチョイスして
貴方だけのオリジナルベースをオーダーしませんか?

例えばGTN
勿論UNCLE

そしてJB!
ルックスだけで無く
このスポルテッドの音色に魅せられる皆さんも多く
特にベースには良くあいます。
御見積は無料。是非 G.Wはフーチーズへ遊びにいらして下さい。

なお、LED LIMIT受付もG.Wまでの受付とさせて頂きます。
木目もそうですが、木取りが完璧。
これほどまでのトップ材はなかなか用意できません。
本当に良い材です。手に取ってご確認下さい。


::義援金のご報告::
8回目の義援金
これまでの合計金額は633,736円となりました。
皆様の暖かいお気持ちとご支援に感謝いたします。
少しでも多くの皆様の為になる事を願っております。


2011/04/25

THE "1969"

ただならぬ雰囲気を身にまとった
Crews "VINTAGE LINE"
1969 RESPECT with K&T WATCH TOWER P.Us
今回はDeep Lake placid blueも入荷。
Looks nice. awesome...
今回かラッカーでは無くウレタン系塗料で仕上げてあります。
スペックを一層フォーカスしています。
やっぱり基本のブラックも外せません。
Large headはスタイルだけで無く音色と
テンションにも影響を与えています。

ラウンドの張り指板には
勿論プレミアムブラジリアン指板を使用しています。 
THICK ROUND/厚めのラウンド張りにて
レアスペックを再現しています。

基本の3TSBは、やはり外せない。

勿論マウントしているピックアップは
K&T WATCH TOWER/Gray bobbin pick up

とにかく最高のトーンを体験して下さい。
どうして彼のアルバムやライブのサウンドが
あんなにセンシティヴな音色だったかが、よく解ります。

是非お試し下さい。

mw

2011/04/22

D*A*M HEAD BUZZ

OKAY FREAKS...
D*A*M HEAD BUZZ
入荷いたしました。
今回からプロダクトNo? HB-68という文字が入り、ロゴも変更されています

今回のオーダー内容は
1) サンプルのVINTAGE FUZZ FACE [BLUE] を送り
トーンはそのまま。ノイズは抑えてレプリカしてもらう事
個人的には今まで試した中で、一番ワイルドで格好いい音のFFでした。
2)キャプテンおすすめのモデルを作ってもらう事
という2点でした。

THE '72 BLUEと名付けられた個体はフィリップス社のN.O.S BC-108を使用しています。
キャプテン曰く「アーシーでRAWな音色。良い感じでしょ?」YAP!
しかし、あのファズフェイス72年ものなのかしら???
今度聞いてみましょう。
こちら!
[ THE   B_L_U_E ]
with Crews 1969/DEEP LPB
このフルドライブ時にもノイズや発振を極力抑えたハイゲイン、
これを望んでいました。完璧に仕上げてくれています。
「かなり、難儀だったよ。ヘトヘトになった」とはキャップの弁。
本当に素晴らしい。Thank you CAP.
ウッドストックの爆発を感じます。

[  THE    R_E_D  ]

そしてREDは "CAPTAIN'S CHOICE"と命名されています。
我々オーダーのBLUEとは別に「俺の趣味」的な物をお願いしました。
これが凄くよかった。前回のBC-209とも異なるニギニギしたミッドが
正にヴァイオリントーン。太い。
with Crews OST-69/CAR
当初はトランジスタにBC-183Lを使用する予定でしたが
届いてみたらBC-209だった、というハプニング
(ご予約いただいた皆様には誠にご迷惑をおかけいたしました)が
前回のBC-209とも異なるチューニングです。
きっとトランジスタへのこだわりよりも音色にこだわってくれたのでしょう。
最高に格好良いRED FINISHに仕上がりました
気泡がバリバリ入っているのはご愛嬌・・・

徐々にトーンのフォーカスが合って来た様にも思います。
BC-108はおかげさまでご予約分で売切れとなりましたが
BC-209は少数ございます。是非このREDをお試し下さい。

次回も同仕様とモディファイ物をオーダーする予定です。
お楽しみに。

t a m a r a n a i

mw

2011/04/21

Crews "OS-LED" arrived

オフィシャルページをアップしました
驚きの完成度。是非お楽しみ下さい

マダガスカルローズ指板
ネックにはホンジュラスマホガニーを使用しています。
このこだわりが良い結果を生み出しています
ピックアップにはSAYTONEの自信作
「SLEDGE」 HUMBUCKINGをマウント。
キレの良いハムバッカーサウンドはジャンルを選びません。
ちゃんと奥行きが感じられるピックアップ。
手巻きの良さが生きています。 

想像以上の完成度でやってきました。
これからの鳴りも非常に楽しみなギターです。

mw


2011/04/20

RED and LED

[RED]

クルーズの注目モデル
OST-69のCARが入荷しました
張りメイプルにCAR... 
この渋さはクラウディーフィニッシュならでは、と
言えるのではないでしょうか。
詳しくはこちらでチェックして下さい。
ピックアップにはSAYTONEの "SCREAM"をチョイス。

グレイボビンの「ギンギン」で「シャープ」なテイストそのまま。
「細くて太い」
この感覚は弾かないとわからない。
アメリカンチェリーの様な深いレッドがGOODです

是非、お試しを。

そして
[ LED ]
遂に入荷です。OSシリーズのLED
詳しくは明日のアップとなります。
手前から
OS-LED with K&T "CODA" PICK UP/HB-FINISH.
OS-LED with SAYTONE "SLEDGE" PICK UP/LD-FINISH.
OS-LED with SAYTONE "SLEDGE" PICK UP/HB-FINISH.
待ち望んだギター達がやってきました。
ご期待下さい

そして7回目。
皆様のおかげでフーチーズの義援金の合計金額は
544,329円となりました。
皆様のご好意に感謝いたします。
我々は良いお客様に支えられています。本当にありがとうございます。

今、私達が出来る事は、普段通りに生活する事だと思います。
その生活の中で、被災された皆様の為に出来る事を考えるべきでは無いでしょうか。

何もかもCLOSEしてしまうと、復興もままならないと思います。

本日も仙台に遠征したとあるバンドのベーシストにお話をうかがいましたが
我々には想像もできない事態が起こっている(起きた)と言う事を
改めて思い知らされました。復興への道は果てしなく長い。

だから「こんな時こそ」というアクションも必要だと感じました。
ミュージシャンの皆様も様々なアクションを起こしています。
もはやそれは「ただのライブ」ではありません。
何かのアクションだと思います。

飲食関連の仕事をされているお客様は
地震直後から手を止めずに仕事を続けられています。
「食べるものないと、困るでしょう。作れるんだから作らなきゃね」


皆で頑張ろう、とは安っぽい言葉かもしれません。
でも今出来る事は、そういう事だと思います。

「無駄をなくす」「節電する」
これらも普段から出来る、当り前の事だと思います。

まだまだ、出来る事は沢山あるはずです。
我々は普段通り、「良い音」「良い楽器」を皆様と共有できる様に頑張ります。

良い楽器をお探しの皆さんは是非遊びにいらして下さい。
お待ちしております。

2011/04/19

Aged Magnet 大量入荷!

本日4月19日 フーチーズは定休とさせていただきます。

昨日入荷してまいりました。K&T AGED MAGNET


お待たせしました。

普通のマグネットと何が違うの?
上が一般的なマグネット
下がエイジドマグネット


このマグネットに換えると何が変わるのか?
まず、サンドキャスト(砂型)の効果があります。
ザラっとしたマグネットの表面からは、複雑な磁界が発生します。
これがサウンドに変化を与えます。
ヴィンテージと呼ばれるハムバッカーには
このサンドキャストが使用されています。

勿論、それだけのマグネットであれば、他にも存在します。
もう一つは着磁。
以前にもお話しした直流式の着磁方法により
マグネットの端以外の箇所にも
きちんと着磁が行われます。
特に3、4弦辺りの音が違うのはそういう事が影響しています。

そして、アルニコ5でありながら
磁力が経年変化で変化した状態を再現している点。
まさにエイジドマグネットの名の由来です。
単純にアルニコ5をアルニコ3や2に置き換えてるのとは
全然、異なります。
枯れ方が違う、とでも言いましょうか・・・
不思議。

磁力が落ちて「枯れすぎた」ヴィンテージピックアップに搭載すると
元気が出たりします。音色はキープしたまま。

これって凄いアイテムなんです。
ご相談下さい。

mw

2011/04/16

Johnny Winter in Zepp Tokyo

昨夜、初来日となる、Johnny Winterのライブに行きました。

1990年に来日が決定した時には、狂喜乱舞した記憶があり、
当時ありました有明MZAでの2公演分のチケットを取りました。

が、しかし.........

諸事情により、公演中止となり、そのまま20年以上が過ぎました。

100万ドルのギタリスト(実際は違うようですが....)を見るには、
テキサスまで行かなくてはいけないのか??

それが、今年に入り、Johnny Winterが来日するらしいという
情報が入り、遂に実現することになりました。

近年のライブ音源や映像を見る限り、ステージでは座っており、
年齢相応のシブさが出ているなと思いました。

曲のテンポも少しだけスローになったり、全盛期のような弾きまくり、
弾き倒しのプレーとは違う感じになっており..........

でも、とにかく伝説を生で拝めるだけでも良いと思いチケットを予約しました。


会場は、Zepp Tokyo......

やはり、年齢層は高いです!

会場に入ると、ただならぬ熱気が漂っておりました。

開演5分前くらいから会場は盛り上がり始め、ほぼオンタイムでスタート。

1曲目はバンドだけの演奏。
アップテンポのシャッフルで、オーディエンスを煽り......

Johnny Winterの登場です!!!!1

大歓声の中、ステージ袖から中央のイスまで、ギター片手にゆっくり歩いてきました。

目の前に、生ける伝説が.....と思った瞬間、感極まり涙が溢れ出てきました。

オープニング〜Hideawayが始まり、その後もMojo Walkin'をはじめ、アップテンポな
Boogieをタタミ掛けるように演奏し、圧倒されまくりました。

ステージ中盤に差し掛かかり、Johnny B.Goodeで、さらにヒートし、
Good morning Little School Girl、Don't Take Advantage of Meの途中から、
Sunshine of Your Love、さらにGimmi Shelterへ......

It's All Over Nowや、Bony Moronieまで飛び出して、『Captured Live』を彷彿させる
ステージに、ノックアウト状態でした。

この間、スローブルースは1曲のみ演奏されただけ。

20時15分を過ぎ、終了するものの、アンコール再登場!

それまで弾いていたERLEWINEのLAZERではなく、Firebirdを持っての登場!
やっとここでスライドギターが聞ける........

Dust My Broom、ラストは....Highway 61 Revisited

あっという間の1時間半でした。

シューティングが入っていたので(WowWow?)、近日中に放映されるかと
思います。











Hoochies新入荷情報もあります。

Crews OSシリーズ/OST-69が入荷しました。
詳しくはコチラ。


















ラージヘッドの貼りメイプルフィンガーボード仕様、
Saytone/Scream搭載!

2011/04/15

K&T 57 LOM

K&T Original(新作?) 57 LOMを、お客様のご要望で、
Crews ST 60 Slabにマウントしました。
















何やら個性的なディッピングに注目です。



アーリー60年代スタイルのスラブボードで、57年タイプとは??
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが......

お客様ご要望のイメージが、シャープなサウンドのLate 50's Teleの
テイストが欲しいとのことで、様々なK&T Pick Upを色々試した結果、
57 LOMに決まりました。



















スラブボードのストラトだと通常、THE 60やAustin Legendが
マウントされますが...........
57年の持つ独特のシャープなテイストをスラブのSTにプラスすると、イメージ通りのサウンドが
得られるのではないか?という事で悩みに悩んだ結果、決定しました。


















セットアップ完了後、早速サウンドチェック.......

K&TのTHE 60やAustin Legendのようなファットさとは、
ひと味もふた味も違うシャープさとファットさを持ったサウンドになりました。

トレモロはフローティングせず、アームが使用出来る程度に、
スプリングも調整致しました。


プレミアム ブラジリアン・スラブボードとのマッチングも良い感じで、
絶妙なアタック感と1音1音に弾いた後から、湧き出てくるようなミッドレンジが絶品です!
これぞグリッティー。



お客様も、狙い通りのサウンドになったと、満足して頂きました。


この様に、目指すイメージがあるのであれば、あえてセオリーから外れてみる、というのも面白さだと思います。
ある一定のレベルを超えてしまったピース同士であれば、組み合わせの妙も楽しめる好例ではないでしょうか。

今度調整に持ってこられた際には是非サウンドサンプルを取らせていただきたいと思います。
今回は中々面白い結果となり、我々スタッフ側としても勉強になりました。

I様、いつもありがとうございます。