このブログ内を検索

2010/06/29

K&T THE 51 & Custom PJ

雨が降ったり止んだり、外は蒸し暑いです。

不快指数が高くなるこの時期は、人も楽器も
つらいです。

東京ギターショウが終わり、K&T PICK UPの
取付に追われております。


まずは、お馴染み!?テレキャスター。

F社マスタービルダーのD.G氏の51 Nocaster.....



























THE 51 と THE 52 を、弾き比べて.........

王道のテレサウンドが、欲しいということで、
THE 52 に決定しました。

本体の鳴りも良く、ウェイトバランスも素晴らしい
ギターでしたので、リアルなヴィンテージサウンドに
仕上がりました。

セットアップして、オイルコンデンサーに交換。

サウンドチェック時は、ドライブさせてJ.ウェイダー、
リバーブ深め&ピッキングハーモニックスでR.ブキャナン、
仕上げにオープンGで、K.リチャーズ!!

サイコーです(^^)v


さらに........

Crews カスタムPベースに........

今回初のPJ仕様です。


























ピックアップもカスタムオーダーしました。

太くパンチのあるサウンドが、気持ち良いです。

ミックス時のサウンドも、バランスが良く、
何とも言えないディープなものになりました。


良い音に巡り会えてない方、本物の音を追求している方、
Crews Vintage Line や、K&T PICK UP交換を、是非、
ご検討下さい。






アコギコージ

2010/06/28

一段落です

さて、東京ギターショウも無事に終了!
ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

渋谷店も平穏を取り戻し
店内の配置も何事も無かったかの様に・・・

AKGコウジはこんな時間にまたしてもTEのピックアップを交換中。
K&T の52ですかね・・・
何やらブツブツ言いながら
調整を続けております。

さて。

そんなフーチーズに入荷です!

Crews Maniac Sound
Blackie and Brownie

ハイ!





勿論、ワンピースアルダーボディー。
そして、ワンピースメイプルネック。
ピックアップはK&T Dominoをマウント。完璧です。

意外にマグネットにパワーがあるのでしょうか?
アタックのキレの良さがあります。
そして面取りされたポールピースが生む、ふくよかなで複雑な倍音感。
そんなDominoの極上トーン
最後の秘密はN極トップマグネット。

この違いは試してみないと解らない!
レジェンドの名演が蘇る・・・

ジョニーキャッシュ‥‥‥かっこいい!

コホン。

ソロでボリュームをアップした時のこの感じ!これです。
ちょっと弦がクタっとした時の音そのまま。弦も色々試してみましょう。

是非お試し下さい。この音、出ます。

MW

2010/06/27

入荷です!

さてさて、
TFTホールにて行われている東京ギターショウは
本日5時までとなります。

昨日会場に遊びにいかれた方からは
「アレがあってさ!」とか
「これがあってさ!」とか
「これ買っちゃった!」とか
「アレを買えよ!」等々
楽しいお話をうかがいました。
結構掘出し物も沢山のご様子・・・仕入れにいこうかな。

皆様も是非!渋谷からも意外と近いし駅前です。
お昼を食べる所も色々ありますの!

で、渋谷店です。

TKN氏は朝からBGMに
ピンクフロイド(炎〜貴方がここにいてほしい)
そして
DOMINOSのライブ盤(フィルモア)
という謎のセレクトで混沌としたヴァイブを生み出しております。
ストラトが好き、って事ですかね!

昨日入荷しましたのはこちら

K&T TOPS

ノーマルのBLK/ZB
そしてN.O.Sの
BLK/ZB/WWが入荷です。

昨日のSGモデルに搭載されたお客様も
ご自身の楽器に乗せ変えたものを試されて
かなり驚いていらっしゃいました。
スピード感が全然違いますからね〜

このハムバッカーは、かなり好評です!
是非お試し下さい。

渋谷店は本日も通常営業!夜8時まで営業しております。
ご来店お待ちいたしております。

MW

2010/06/26

TOKYO GUITAR SHOW 10

盛り上がっている様ですね〜

夢にまで出て来たチェット・アトキンスモデルは
SOLDしてしまった様です!
残念・・・
お買上げありがとうございました!

PRSのお得なユーズド等もSOLD!エフェクタも・・・

狙っているものはお買逃し無いように、是非チェックを。

ショウは明日の夕方5時までとなります。
おかえりの際は渋谷にもお立ち寄り下さい。

渋谷はと言えば、このところ毎日
K&Tピックアップをご要望される皆様がご来店されています。


本日はピックアップのご相談を受けまして・・・
SG(アンガスモデル)のリアポジションには、やはり・・・・!

K&T TOPSのノーマル/ブラックがお勧めです!

という事で、即決いただきました。
なので、大至急搭載しました!火傷しました!

結果は・・・



最高です。

明日のライブで早速ご使用になるとの事。
いい結果になると思います〜
今度は是非フロントも交換しましょう!
お待ちいたしております。

P.S  JAMES TYLERアップロードいたしました。

MW

2010/06/25

気を抜いていたら、後ろにいた・・・

JAMES TYLER.....
やっぱりこのギターは良いです。色々な意味で!


ドン!







VOMIT!
PSYCHEDELIC VOMIT!!!

BURNING!
BURNING WATER!!

ヴォミットはもの凄く久しぶりに入荷しました。
ナイスルッキング。
唯一無二のルックスも最高。
リアピックアップには
カリフォルニア・スペシャルという
新しいハムバッカーを
マウントしています。
どういうトーンか後ほどゆっくりチェックしてみます。

そして!

パッシブのバーニングウォーターは
勿論リアをカバードにしたあのルックス。
今回はブルーとレッド、そしてイエローの混ざり方が絶妙。
正にBURNING WATERという名に恥じないルックス。
とりあえずその美しい姿を激写しておきました。

詳しくは後ほど!

*ギターショウには出展しません!
是非週末フーチーズでお試し下さい!

MW

やややっ!

K&Tピックアップ発注分が続々入荷中!
昨日もオーダー頂いたDOMINOをはじめ

先日のJ-64も再オーダー。久しぶりにTHE '49テレも来ました。
再着磁後の音色も非常に気になる所・・・
TGS終了後にコウジが嬉々として取付けてくれるでしょう。


そして今回はお客様のオーダーでこんなモデルも!

何とPJレイアウト。
フロントはPOWER BOMB!
リアはマッチングを考えてJ.I.Gのリアをチョイス!

もしかしたらPJ用に何らかのモディファイも
加えられているかも知れませんね。

むむむ(・n・)

強力過ぎです。

音が気になるところです。
PJベースのストックが無いというのが悔やまれます。

ピクピクっと来た皆様は是非
お問い合わせ下さい。

MW

HEY! HO!

LET's GO!!!!!!
と言う訳で汗だくな渋谷です。

TGS搬入チームの3人が早々に出発!
本日は準備日なので、朝も早よから盛り沢山の楽器を乗せた
Hi-ACE
(何か格好いい)
にて会場に乗り込んでいきました。気をつけてね〜

勿論、渋谷居残りチーム(MW&TKN、そして社長)は
元気に(?)
営業してますので、本日は勿論、明日/明後日も渋谷にご来店下さい。
ショウ後にゆっくり楽器をチェックしに来てみてはいかがでしょうか?

特にピックアップ関連のマニアックなお話は
静かに渋谷でゆっくりと・・・というのもアリ、ですね。
今回はベース関係は出展していませんので
ベーシストは渋谷店直行でお願いします。
本日はJB-Modernの入荷もあるという事です。後ほどアップします。

そして、今回はありがたい事に、ショウ前から出展品のお問い合わせも多数受けております。
売切れの商品もあるかと思いますが、ご了承下さい。

さらにエフェクター・スーパーセールには
約40台ものエフェクトをチョイスしております。
お買い得品盛り沢山です。
まとめてゲットしちゃってください。

K&Tピックアップも昨日大量入荷!
乗せ変えのご相談、随時お待ちいたしております。

MW

2010/06/24

ピックアップ交換などなど!

ギターショウの準備も着々と。

昨日はK&Tピックアップ
ヘヴィーユーザーのお客様のベースに
THE '64をマウント。

F社のマルチレイヤーフィニッシュ?って格好良いですね。

普段、J.I.GとE-5をご使用いただいておりますが
この61タイプには何が良いか?とお問い合わせ頂きました。
欲しいのはタイトさとスピード感。

それなら!と
THE '64をお勧めしました。
結果は・・・

バッチリ。

スラブ張りの太さが生きる音に「鳴り」ました。
勿論、ネックジョイントも弦高も調整。

その後、ちょっとコンデンサーに音が「吸われて」いる気がしたので
一旦取り外してみると・・・

「まじすか!?」
とお客様もびっくりする程、レスポンスが復活。
これではせっかくのボディー鳴りが生きません。

セラミックコンデンサーが合いそうだったので装着。
いい感じにまとまりが出ました。

後はガンガン弾いていただくだけ!
気に入って頂けて何よりです。


そして・・・
ノイズと音切れに悩まされるという
レジェンドのタルボをメンテナンス。


恐らく、メンテナンスされたTECHの方は
決して、悪気があった訳では無く
音を良くしようと努力されたのだと思いますが
結果はあまり良い状態ではありませんでした。
これでフジもライジングもこなしてきたとは・・・さすがです。

余談ですが、個人的にはギター内部のワイヤリングに単線材を使用する事は
お勧め出来ません。
特にエナメルワイヤーでは倍音感の喪失が感じられます。
こんな時、いわゆる「普通の」クロスワイヤーの良さを実感できます。
まぁ普通のと言っても30年以上昔の物ですが。
珍しさはありませんが、良い音はします。
ギターの配線にはWEより良いんじゃないでしょうか。

銀ハンダもグランドまわりには良い時もありますが
全ての場所に使用するのはどうかな?という気がします。

と、折角なので、ポット、スイッチ、ジャックも総取り替え。

結果は・・・「普通の良い音」になりました!
まぁ、普通ですが...レジェンドが弾けば、絶対に格好良い音がするので問題なし。
余計な小細工は不用です。

なので
ちょっとだけ
小細工しておきました。

MW

2010/06/23

アーちゃんが来た!!

と言う訳で、先日もご紹介させていただいた
話題のCARR AMP
ARTIMUSが入荷です。



もう一度、動画も張っておきましょう。

しかし、上手に録れてますね録れて/撮れてますね〜
まさに、この音です。

EL84管アンプのウィークポイントでもある
不用なハーモニクスやアンダーノートも皆無。
EF管使用時の不安定さもノイズも取り払った
スムーズなブリティッシュドライブが最高。
GOLD TONE搭載されたLED PREMIUM
そして
AUSTIN LEGENDの搭載されたTEXASで試してみましたが
どちらも最高でした!

今週末は是非渋谷でお試し下さい。
(ギターショウには持っていきません)

MW

TGSに向けて!

着々と準備中!
昨晩はコージ&TKNの2人が一生懸命
一心不乱に弦を交換しておりました・・・

私は
それをただ
眺めておりました
・・・

ウソ

昨日アップしたチェットアトキンスモデルがもの凄い欲しくなって、いじいじしておりました(本当です)
だって〜もの凄い良いなのだもの・・・チェット師が弾いている音、あのままの音。欲しい!

うーん。レジェンド!ステキ!
人柄が現れていますね、音に。(お会いした事はございませんが)

なんて、遊んでいるばかりじゃございません。
皆様にお楽しみいただける様、仕込んでおります。


K&Tの巨大パネル!
マニアックなK&Tの仕事が一目で解るパネルです。
今回はK&Tピックアップも販売します!
勿論、セットアップまで含めて取付け無料です。

え?誰が取付けても音は一緒だろう?

そんな事は絶対にあり得ません。
絶対に音は違います。
誰が取付けても音は出ます。でも良い音が出るかはどうでしょうか?
せっかく良いピックアップなのですからこだわって取付けましょう。

当日は18回無金利クレジットも行えますので、
当日お支払を済ませていただき、後日ご自身の楽器を持って店舗にご来店下さい。
TGS会場では [PAID CARD] をお渡しいたしますので引換券としてご使用下さい。

K&Tピックアップをゲットする絶好のチャンス!
勿論K&T 搭載モデルも多数展示いたします。
是非!話題のピックアップの実力もお試しください。

MW

2010/06/22

あれ?

お客様と「凄いねー色々なギターがあるんだねー」などとマッタリと、ちらりちらりとTHE GUITAR 11に目を通していると・・・

ん?これは・・・



クラプトンのギターテックのリー・ディックソンのコレクションにSTEVENSのLJを発見!
STEVENS氏はフェンダーカスタムショップを立ち上げた中心人物で
初代クラプトンシグネイチャーを製作したマスタービルダーとしてもあまりにも有名。
そのスティーヴンスの代表モデル「LJ」はエリックジョンソン氏も所有しておりました。
さらにヴィンテージ・フェティッシュ・シリーズでは本家G社も驚く程の完成度で
Vやエクスプローラーを製作するギターマニアなら知らない人はいない存在。

「うーんやっぱりLee Dickson氏も所有しているんだなー」と見ていると

ん!?そう言えばユーズドがあったなぁ、と倉庫をごそごそ。
ありました。同じカラーのStevens LJが

し、しかも!
Lee Dickson氏の所有品はシリアル0009
当店の商品は何とシリアル0008! なんと兄弟モデルではありませんか!



ちょっと嬉しい発見でした。
ギターショウに持って行こうか考え中!

MW

TGS 2010 出店品更新!

続々!っと入荷中!!

カーク・サンド氏デザインの
非常に珍しいチェットアトキンスモデル。
音も全然違います。

もひとつレアなギブソン!
メタルフロントのV


通称 ”ハートのウェス”
ウェスモンゴメリーモデル


こちらはリトナーシグネイチャー
スモールサイズのフルアコをお探しの方、いかがですか?


そして・・・1991年のサドウスキー!
「ヴィンテージ」と名付けられたディンキーモデルの名作。

さぁ!
非常に興味深い商品が盛りだくさん!

東京ギターショウ、楽しが増えてまいりました!
18回無金利クレジットもOK!
最長84回までご利用頂けます。
レアモデル、というだけでなく、本当に良い楽器を出店致します。

さらに!日曜日のTGSショウのチケット、数枚ございます。
よろしければ声をおかけ下さい。


MW

入荷致しました。

Player 7月号別冊、『 The guitar 11 』が入荷しました。























ギター好きには、たまらない1冊です。

ERIC CLAPTON's GUITAR〜ステージ写真で綴る
ギターヒストリー 50が、特別付録!!



さらに........

梅雨時期の楽器の管理に欠かせない、湿度調整剤
ドライフォルテも入荷しましました。


























3個入りで、お得です。

この時期の管理&移動時の心配は、これで解消です。

2010/06/21

こ、これは気になる・・・"CARR AMP" "ARTEMUS"

月曜朝の定例チェックをしていると
むむむっと気になる動画を発見です。

CARR AMPの新作
ARTEMUSのデモムービー

すっごい良い音で録れていますね!
KITAHARA GAKKIオフィシャルです
要チェック!


気になる!スマートなEL管のサウンドは
非常に今っぽくもあります。でもトラッドな鳴りかた

見逃せないので早速手配しちゃいます。

MW

2010/06/20

本日の入荷!!

日曜日はいかがお過ごしですか?

便利なアイテムが入荷!!
























ワーウィックの5本立て、7本立てのスタンドが入荷!!
久しく品切れしておりました。
























クロスオーバーの匂いがプンプンします(笑)
Vestax/GV 2のデッドストック発見!!
























やっと入荷!!極上リバーブstrymon bluesky!!
改めてチェックしてみましたが、良い音のするリバーブとは
まさにこれの事!!

是非チェックしてみて下さい。

2010/06/19

TGS 2010 出展品徐々に追加中!

今回も普段は展示していない
特濃アイテムを販売します。

まずはPRS
コッパーヘッドのこちらは・・・
シングルカット
ホロウボディー
そして12弦を
各1本ずつ製作した
世界に3本のスネークウッドシリーズ。
その内の何と2本がこちら
SINGLE CUT "SNAKE WOOD"

CUSTOM 22/12st "SNAKE WOOD"

強烈です

勿論300番台の初期もの。
音も勿論、作りが違います。
トップアーチのカーブの美しさと
フィニッシュの仕上りは別格。
削る事すら困難な
スネークウッドを指板、ペグボタンに配した
PVSならではのスペシャルモデル。

続いて
ブラックチェリーに
レッドコーラルのポジションマーク、
そして極上のブラジリアンネックの
シングルカット!
猛烈
是非飾らずに弾いていただきたいモデル。
本当に良い音がします。

そして
かなりレアなギブソン。

何とメタルフロント!
世界にも数本しか存在しないレアモデルです
社長、どこに隠してあったんですか...

と!こんなものではありません。
まだまだ更新します。我々もドキドキ・・・

お楽しみに!

MW

2010/06/17

動画その3

という訳で昨日は3本録りでした!
最後はこちらにReunionのピックアップ別サンプル。


クランチが解り易い感じ。
こういうセミアコなトーンも、良いですね。

LOLLARはしっかりとした存在感。歪ませてもいい感じです。
K&T/Scratchはエイジングされて「熟れた」感があります。倍音にもヴィンテージ感有り。アタックが残るので意外と「古い音」では無いという事が解ります。
そしてK&T/TOPSはレスポンスとパワー感が素晴らしい。倍音も豊で「何でもこい!」という感じですね。

オンマイクで録ればもっと違いが解ったかも知れませんね。
次回はマイクを立てましょう。

しかしどれも良い音です。
皆さんの求めるセミアコスタイルとは
どういうトーンでしょうか?






どれもステキな音。
どのタイプの音色も揃っています。是非店頭でお試し下さい

MW

続けて動画!

昨日は撮影日和(?)でした。
ACGコウジがブログをアップしている最中に
再着磁したwatch towerをチェック。

結果は・・・

HAVE YOU EVER BEEN....です。
いやー、今回は頑張って左で弾きました





(ウソ)

レズリーが欲しいですね!


CARR AMPのLEADチャンネルはヴォリュームを上げてゲインを下げると
非常にセンシティヴなフェンダー風になります。
逆にゲインを上げるとマーシャル風に。便利です。

ちょっと深めにリヴァーヴをかけています。
前半はフロントポジションでトーンを少し絞っています。
後半はトーンをフルにしてみました。
どうでしょうか?

やっぱりこのギターとピックアップのコンビは最高です。
調子の良いファズを踏みたくなるのは、多分私だけではないでしょう。

MW

2010/06/16

K&T THE 51 動画です

久しぶりの動画です。

先日、取付けたK&T THE 51 のBefore/After の
サウンドをお楽しみ下さい。

アンプは、Blankenship / Mini Leeds 21
Carry-On & 112 Cabi にプラグインしました。


何はともあれ、お聴き下さい!









いかがでしょうか?

音の太さやレンジが違うのは、もちろんですが、
ギター本体の鳴りを、ダイレクトに再現しております。

木の鳴りが、見事にアンプリファイドされています。

各弦の分離も良く、特に3,4弦の音が前に出てきており、
リア/センター/フロントのサウンドキャラクターの違いが
ハッキリとして、別物のギターになりました。


そういえば、昔、ハイオクガソリンのCMで........

車替えたのか?と何度も聞き、いや違う、ガソリンを....

そのあと車に乗っているふたりの男子が、やたらテンションが
上がる....そんなのがありました(古い!)


その感覚に近いです(^^)

えっ?ギター買い替えた?

違うよ、ピックアップ交換したんだ!!

ワォ!オーイェーッ!!

そんな感じです。



弾いた瞬間の音の早さとバランス、そしてディープなサスティーン。

K&Tだからこそ得られる、本来のサウンド.......

もう、たまりません!


さらに、本日、THE 52 取付の依頼を受けました。

ギターは、F社マスタービルダーの Nocasterです!

こちらも、近日中にブログアップ致します。

ご期待下さい!






アコギコージ

本日の入荷!!

PRS 25th Anniversary SE Custom 24が待望の入荷!!
Royal Blue、Scarlet Red、Vintage Yellowの3色!!
今回も良いものを選びました。

購入時にはお客様のお好きな弦を張ってセットアップしてお渡し致します。
お早めにどうぞ!!





























2010/06/15

K&T THE 51 Tele

ムシムシしてます。

梅雨入りしたので、仕方ないですが.......

楽器のコンディションが、ビミョーにイマイチな
この時期ですが、湿度調整剤をケースに入れて、
乗り切りましょう!




さて、今回はK&T THE 51の取付です。

F / USA Vin-Tele です。




























ルックスは、ブロンドではなく、ブラック/メイプルの
ホワイトピックガードの、F / USA Vin-Tele です。

シンラッカーではないため、生音も多少硬めの鳴り方を
しているのと、ファットなテレサウンドが欲しいという
ことで、Crews 50's Tele でサウンドチェックして、頂き.....

THE 51に決定!


























ピックアップをマウントして、セットアップ開始.......

回路は、コンデンサーは交換されていましたので、
そのままで、サウンドチェックしました。

やはり、太いです!

硬めの鳴りのため、高域のアタック感にTHE 52の
テイストが、ちょっとプラスされたサウンドになりました。

とにかく、圧倒的な音圧とレンジ.....
別物になりました(^^)


























ジメジメした日には、雨雲切り裂くテレキャスサウンド!?
で、スッキリしましょう!

さて、これから最終サウンドチェックして、ピックアップの
高さをセットします。





アコギコージ

D*A*M!!

MEATHEAD'S
そして
SUPER BEE

どーん!

MEATHEADは
ノーマルと稀に入荷の"DARK"バージョン。
シンプルなシリコンのファズのサウンドは
素直に格好良い!
そしてツウにうけています、SUPER BEE!

こんな音を連想しておいてください。
Q.O.T.S.Aは格好良いファズサウンドのお手本の様です。
D*A*Mのファズは
こういったイギリス的歪みを連想させます。
(別にこの曲とMEATHEADは関係ありません。が、この音は出ます)

そして・・・
全然ファズではないのですが、サバスが聞きたくなりました。

Oh! Legend!!
何だろうこの匂い。この匂いがお好きな皆さんは
是非D*A*Mのファズをお試し下さい。

オフィシャルサイトでも
その破壊的なサウンドが確認できます。
アドレナリン上昇系のRAWな歪みがたまりませんです。

MW

2010/06/12

K&T THE 51 Tele & Humbucker

今日は、暑いですね。

連日、アツい内容で、K&T ピックアップが
盛り上がり続けています。


今回は、THE 51Rを取付ました。

F/CS のもので、フロントにハムバッカーが搭載
されているモデルです。

THE 51とTHE 52、どちらにするか........


フロントとのバランスを考え、THE 51Rに決めました!




























ルックスは、K.Rライクな52スタイルのテレです。

さすが、フロントに負けないくらい、ファットな
音がします。

恐るべし、ノーキャスターです。

しかし、素晴らしいトーンです。
メイプルワンピースネック&アッシュボディで、
ファットなヴィンテージテレサウンドといえば、
やはりTHE 51 でしょう!!


フロントハム仕様のテレをお持ちの方で、サウンドや、
出力バランスでお悩みの方は、是非THE 51をお試し下さい。




アコギコージ

2010/06/11

良い音!

本日お客様の60後半-70年代初頭のES-335TDのフレット擦り合わせ及びナット交換リペア品の修理を行なっておりまして。アンプでチェックした訳なんですが、コレが良い音がするんですね。
スリムテーパーの弾きやすいネックグリップは勿論、もう音がこなれていて素晴らしい。

特にメロウなフロントピックアップとシャープなリアピックアップのギャップ。そしてハーフトーン時のミックス感が意外にもロックンロールな印象で、マーシャル系とも相性が良いのでびっくり。

そこで今日入荷したCrews/ReunionのK&T 67 scratchマウントも同じセッティングで試してみた所、ホントに驚く程同じベクトルのトーンが。

クルーズのReunionは本日あがった物ですから、勿論音はまだ固いのですが、鳴り感と「鳴りのバランス」は凄く良いです。暫く弾いてあげたら角が取れてかなり良いフィーリングになるでしょう。実際に先日も調整に来られたお客様が所有する、2年程弾かれたReunionはネックとボディーがこういうバランスで鳴っていました。

しかし、比べるとヴィンテージのナンバードPAFは、やはり30年の時間が生み出すエイジングの影響で枯れている。Reunionは随分とパワフルに感じます。元気!

そこでアコギコウジが「あ、実はそのScratchはワンセットだけエイジドマグネットにしてないんだ」と、サラリと言う。じゃー!、と言う事で10年エイジドのマグネット搭載モデルをチェック。

おお!似てる、というか同じ。恐らく30年エイジドを行なったらピタリと同じになるでしょう。Scratchはヴィンテージワイヤーでワインディングされているので大袈裟でなく完璧に当時のあの音になるでしょう。

この年代の335を手にした事がある皆さんはご存知かと思いますが、ハムバッカーなのですが意外にチャンキーなトーンも持っていて、特にリアは非常に抜けの良いハムバッカーサウンド。
コードストロークも「ジャラーン」と言う感じで本当にロックンロールな印象。勿論、カールトンの様な濃厚なセミアコトーンも存分に味わえる素晴らしさ。そしてディストーションサウンドにも良く合います。

この67年のピックアップを再現した高野氏は(私なんかがこんな風に言うのは本当に失礼だと思いますが)やはりヴィンテージギターの音を知り尽くされていますね。最初期のPAFだけで無く、この年代の音も完璧に再現。これはピックアップ専門メーカーでも難しい事なのではないでしょうか。

店頭ではたまにヴィンテージの楽器を持ち込まれてチェックされる皆さんもいらっしゃいますので、「ヴィンテージの再現」という事においては店頭や現場でチェック済みです。勿論、ギターもベースも皆さんが驚かれます。真の意味でリプレイスメントできるレベルです。

大袈裟では無く凄い音で鳴っています。

MW

ROGER LINN

と言う訳で話題のアドレナリン。
ジョンメイヤー氏が歴代のモデルを未だにそれぞれ所有している事からも、そのバージョンによってトーンの違いがある、と言う事でしょう。(彼のシステムであればMIDIでプリセットを変更する事が可能なので、一台でまかなえるはず)

輸入元であるG.吾妻氏率いる日本エレクトロハーモニクス社のオフィシャルサイトでもその詳細が取り上げられています。以下リンク

私も初代/セカンドモデルを所有しておりましたが、友人達に持っていかれました(泣)彼らはハウスとテクノのDJでしたが私よりも何十倍も格好良い音を引出していましたね。このエフェクト(というか何と言うか)はやはりクリエイターが持つべきアイテムだなぁ、と痛感したものです!


まぁ、ほぼプリセットそのままのパッチを、大胆に楽曲に取り入れたメイヤー氏の様に「やったもん勝ち」な感も拭えませんが・・・実際にはかなり実用的なマルチエフェクトでもあります。



クラプトン氏も確かパッチをそのまま使っていた様が気もします。
でも、格好良ければ何でもOKですね。良い音なのです〜




そういえば倉庫に初期型のUSEDがあった様な気が・・・・
出してこよう。


MW

2010/06/10

K&Tの"AGED MAGNET" って何だ!?

最近お問い合わせをよく頂いております。
K&Tのエイジドマグネットについて少し補足の説明を。

ピックアップと言うのはご存知の通り、マグネットとコイルが主要なパーツです。
もの凄く簡単に説明すると、マグネットの上で弦が揺れるとマグネットとコイルの間に電気が発生します。
その電気をアンプ等で増幅させる事で「音」として出力するのがエレキギターやベースの仕組みです。

そんな単純な仕組みの中で「音:トーン」と言うものがつくられます。
しかしながら、その「単純な仕組み」を少しアレンジする事で、大きくトーンが変化してしまいます。

このエイジドマグネットとは10年という時間の経過したマグネットの磁束密度を再現する為に開発された物です。
ハムバッカーピックアップのマグネットをこのエイジドマグネットに変更するだけで、簡単に言ってしまえば「角がとれて程良いコンプレッション感を持った耳障りのよいトーン」に変化します。 

そんな中
「では別にわざわざ交換するまでもなく、ピックアップを10年使い続ければ同じ効果が得られるのでは?」
という質問を受けました。
「私が10年前に購入したPRSのマッカーティーのピックアップはそういう音がしているはずだ」
うーむ。確かに理屈ではそうなります。理屈では。

でも実際のトーンはまるで異なります。なぜか?

まず一つめは、一目で解るこのエイジドマグネットの外見「サンドキャスト」成形にあります。

これです
凸凹しています。
現在の一般的なハムバッカーのマグネットは、もっとツルリと磨かれたマグネットが搭載されています。
この見た目がエイジド、と言う訳では無くこの凸凹に重要なポイントがあります。
サンドキャスト=砂型成形のマグネットはつるりとしたマグネットに比べて磁界形成が複雑になります。

(手前がサンドキャスト、奥が一般的なマグネット)

さて、この事がどのようにトーンに影響を与えるのか?
勿論、見た目同様トーンにも複雑な倍音を生み出します(今回は豪快に端折ります!)
・・・
兎に角、ヴィンテージPAFのマグネットはこのサンドキャスト・マグネットが使用されています。
もっとも、普段からこんな濃厚なブログを見てくださる皆さんであれば、マグネットの形状が磁界に影響し、それがどのようにトーンに影響を及ぼすか・・・何となくイメージできる事だと思います。イヤイヤ、イメージで良いんです!

次に着磁方式。
以前のエントリーにもありますが、K&Tではパルス方式から直流式に着磁方をバージョンアップしています。
オフィシャルサイトでも説明していますこの着磁の変更がどのように音に影響するのか?
スタガードポールピース(ポールピースが凸凹したシングルコイルピックアップ)の場合は背の高いポールピースと背の低いポールピースとでは同じ様に着磁できないという事はご存知の通り。
では、このハムバッカーのマグネットの場合は?
出っ張りも無いからパルス式でも直流式でも同じでは?

そう思いますよね。僕も一瞬思いました。

なので高野さんに聞いてみました

私)「どうなのでしょう?同じなのですかね?」
高野氏)「イイエ。全然違います」

・・・そりゃそうです。

もの凄く簡単に結果を言うと「同じ訳が無い」という事になります。
なぜなら、四角いマグネットの両端のエッジは尖っているから!
オフィシャルサイトで詳しい説明を行なっていますが、パルス式の着磁は突起している箇所とそうでない箇所の着磁の度合いにおいてギャップが生じます。それが各弦のトーンと出力に影響を与えます。
直流式の場合、長方形のマグネットの端から中心部分にまで、理想的な(均一な)着磁を行なう事ができます。
つまり、ハムバッカーピックアップのマグネットでもやはり直流式の着磁が威力を発揮する、と言う事になります。

ですから、例えば皆さんお気に入りのヒスコレやマッカーティーのマグネットを交換する事で、ギターとピックアップの「音が変わる」訳では無く、ピックアップが「本来持っているトーン」を手に入れる事ができます。

エイジドマグネット、結構おすすめです。
こんな小さなマグネットバーが、楽器のトーンをここまで変える(修正する?)してくれます。出音のバランスが良くなるとこんなにも楽器を弾くのが楽しくなるのか?とびっくりされる事でしょう。

特にヴィンテージのリイッシューモデルをお持ちのギタリストの皆様、1度サンプルを試してみてください。
そのギターを購入された、と言う事は「こういう音を必要としている」という事でしょう。

自信を持ってオススメします。

MW

2010/06/09

本日の入荷!!

Reunionチェリーが待望の再入荷!!
今回はレギュラーのLollerピックアップの他にK&T TOPS(ブラック/ゼブラ)、
10Agedマグネット搭載モデルも入荷!!

K&T TOPS/10Agedマグネット詳細はこちら!!

正直、衝撃的なサウンドです!!
是非チェックしてみて下さい。

2010/06/08

注目のK&T

このところ、K&T PU関連のお問い合わせが、
さらに増えております。


Crews Texas Legendをはじめ、K&T PU搭載
モデルを弾いて、その音の良さを体験して頂いて
おります。

ヴィンテージファンにとどまらず、音にこだわり、
それを理解している方からの、注目度が高いという
ことでしょう。

本日も、テレキャスターのピックアップ交換の
ご相談を受けました。

フロントハムバッッカーだと、リアは何がベストか、
質問されました。

現在、テレキャスターに関しては、THE 51,THE 52,
THE 59,ZOSOと、弾き比べる事が出来ます。



























ストラトも、THE 54,DOMINO,THE 60,Austin Legend,
Watchtowerがチェック出来ます。



























LPは、GOLD TONE,TOPS,1967 SCRATCH,さらに、
これらの、N.O.SやAged Magnetのものもございます。


























この夏、Crews Guitar / K&T PU を狙っている方は、
Hoochiesに、ご来店下さい。


探し求めていた音が、必ず見つかります(^^)



他にも、J.TylerやVOX等、素晴らしいギターも
ございます。

『良い音』

その言葉に、尽きると思います。


こだわって、いきましょう!!







アコギコージ